効果はあるの?知らないと危険な浄水器

更新日:

みなさんは浄水器の「逆汚染」という言葉をごぞんじでしょうか。

浄水器が雑菌に汚染される危険があるというもので、ネットや週刊誌でも話題になったことがあります。浄水器は水道水に含まれる殺菌作用の高い塩素も除去してしまうため、浄水された水をそのまま放置しておくと、雑菌に汚染されてしまう危険があります。

浄水器を使ってきれいな水を飲んでいるつもりが、実は危険にさらされていたのでは意味がありませんよね。今回は、浄水器における危険性と効果的な使い方を考えてみましょう。

浄水器の効果は?水道水は浄水器を使わないと危険?

なんとなくつけているけど、浄水器って本当に効果があるの?と疑問に思う方も少なくないでしょう。

浄水器には家庭用品質表示法に基づき、下記13項目の除去率などを明記することが義務づけられています。
メーカーにより洗浄力に差はありますが、これらの数値からもきちんと効果があることは確かです。

  • 残留塩素
  • 総トリハロメタン
  • CAT(農薬)
  • 2-MIB(カビ臭)
  • 濁り
  • 溶解鉛
  • テトラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • 1,1,1-トリクロロエタン
  • ジブロモクロロメタン
  • ブロモジクロロメタン
  • クロロホルム
  • ブロモホルム

そもそも日本の水道水は世界的な基準から見ても、とてもきれいで安全な水といわれています。 では、なぜ浄水器で浄水する必要があるのでしょうか。

水道水は、浄水場で塩素により殺菌され私たちの家庭まで配給されています。この塩素が、水道水に含まれる有害物質と反応して微量のトリハロメタンという発がん性物質に変化します。

もちろんごく微量なので健康上の問題はありませんが、口にするには抵抗がありますよね。

また、各家庭に水道水を引き込む給水管が古く鉛製の場合は、微量の鉛が水に溶け込んだり、マンションの貯水槽の管理が行き届いていないなどが理由で不純物が混入する危険もあります。このような場合も、不純物を取り除くため浄水器が必要不可欠です。

浄水器の落とし穴

私たちが水道から安全な水を口にするためには、浄水器が必要になります。

しかし、浄水器が水をきれいにしていく過程で、さまざまな不純物を取り除くとともに殺菌のために浄水場で入れられた塩素も同時に取り除かれてしまいます。

「塩素って体に悪そうだし、取り除けるのはいいことだ!」と思いがちですよね。
実は塩素がなくなった水は菌から守ってくれるものがなくなってしまうので、雑菌に対して無防備で危険なんです。
そのため外部から侵入した菌が浄水器内や給水口で繁殖してしまうケースもあるのです。

正しい使い方で危険を減らす

浄水器を正しく使うことで、雑菌の危険から守り清潔で安全な水を飲むことができます。その具体的な方法をまとめてみました。

1.「捨て水」で蛇口を清潔に

浄水器の蛇口にたまっている残り水に雑菌が繁殖する危険があります。そのため、毎朝使い始める前に10~15秒ほど浄水を流してから使うようにします。2日以上使わない場合は60秒ほど流したほうがよいでしょう。

2.浄水器での温水は35度以下で

浄水器の中にある活性炭は温水を通すと、吸着したカビ臭などを放出してしまうことがあります。そのため、温水の使用は35度以下がよいとされています。

3.浄水は早めに使う

浄水器を通した水は塩素が含まれていないため、殺菌効果がなく雑菌が繁殖する危険があります。そのため、浄水器で作った飲み物などは、冷蔵庫に保管して早めに飲むように心がけましょう。

4.常に清潔に保つ

浄水器を清潔に保つために、こまめな掃除を心がけましょう。また、フィルターは使用期限を守って定期的に交換することが大切です。

浄水器選びの注意点

一般的な浄水器はホームセンターや家電量販店で数千円から数万円程度で購入できます。取り付けも簡単なものが多いので手軽に取り入れることができますが、値段の差によって性能にも差が出てしまいます。

またお水の使用量によってもフィルターの寿命には差が出るので、交換時期はメーカーの提示期間だけでなく自分で判断しなければいけません。常にチェックするのは大変ですし、うっかり忘れていたということも考えられますよね。

加えて消費生活センターや国民生活センターに悪徳商法による相談が寄せられケースが多い製品でもあるので、購入先にも注意が必要です。

ウォーターサーバーという手も

安全なお水を飲みたいという方に、浄水器の他におすすめなのがウォーターサーバー。

ウォーターサーバーのお水は、プレミアムウォーターフレシャスのように非加熱処理を行ったり、アルピナウォーターアクアクララのようにRO膜という特殊フィルターでのろ過など徹底した品質管理でクリーンに保たれているので安全性は折り紙付きです。

ウォーターサーバーのお水についてはこちら >>

自動クリーン機能搭載や雑菌の元である空気が入らないように工夫されたサーバーで逆汚染の心配も少なく、メンテナンスはメーカーによって定期的に実施。より安心して飲むことができますし、何より冷水と温水が好きな時に使えるという便利さがあります。

また最近では災害時の備蓄水としても需要が高まっています。2011年3月11日の東日本大震災では「ウォーターサーバーが役立った」という声が多くあったそうです。

災害時に役立つウォーターサーバーについて >>

ウォーターサーバーをおすすめする理由

  • しっかり殺菌処理された安全なお水
  • クリーン機能やメンテナンスでサーバーはいつでも清潔
  • 温水・冷水が好きな時に使える
  • お水は定期的に配達してくれるので買いに行く手間もなし
  • 災害時の備蓄水にもなる

人気のウォーターサーバーを見てみる >>

おわりに

浄水器は不純物を取り除き、安全なお水を作るという効果のあるものですが、万能ではありません。使い方を間違えると逆に危険なものになってしまいますので、正しい知識を身につけて上手に使いたいですね。

より安全性を求める方はウォーターサーバーを検討してみるのもいいかもしれません。無料でお試しのできるものや月々3,000円代で使える安いものもありますのでチェックしてみてくださいね。

こんなこだわりからも選べます!

お試しできるウォーターサーバー
まずは無料で試したい
おしゃれなウォーターサーバー
おしゃれなウォーターサーバーを使いたい
赤ちゃん向けウォーターサーバー
赤ちゃん向けのウォーターサーバーを使いたい
安いウォーターサーバー
月額費用の安いウォーターサーバーが使いたい
天然水ウォーターサーバー
天然水のウォーターサーバーを使いたい
RO水ウォーターサーバー
RO水のウォーターサーバーを使いたい
ウォーターサーバー研究所編集部
ウォーターサーバー研究所編集部

ウォーターサーバー研究所はウォーターサーバーを比較検討中の方をサポートする情報サイトです。おすすめのウォーターサーバーの口コミ、評判をはじめ人気ランキングや比較表も掲載しています。ウォーターサーバー選びに迷ったらぜひ当サイトをお役立てください。

当サイト人気No.1!プレミアムウォーター

プレミアムウォーターキャンペーン

2019年7月1日(月)までの期間限定キャンペーン

期間中WEBからお申込みいただいた方全員にAmazonギフト券2,000円分をプレゼント!さらに抽選で1,000名さまに海外旅行など豪華賞品が当たる!乗り換えなら最大16,200円(税込)までキャッシュバック実施中!

-安全性, コラム
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2019 AllRights Reserved.