人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ペルー発!空気から水を作り出す方法

更新日:

日本では、蛇口をひねれば当たり前のように水が出てきてなんの問題もなく、その水を飲むことが出来ます。日本では当たり前なことでも、海外では蛇口から安心して飲める水が出てくることが珍しく、羨ましいと思う国もあるのです。例えば南米の国、ペルー。 水不足で悩むペルーの砂漠に位置するリマには、水不足の改善に役立つ巨大看板があります。ここではその水不足の改善に役立つ巨大看板について説明します。

南米ペルー、砂漠に位置するリマの状況

リマでは年間を通してほとんど雨が降ることがないため、水不足に悩まされています。井戸を使用して地下水を得ていますが、その水は汚れていてとても飲めるような水ではないのです。リマだけに限らず、世界では、毎年220万人の人たちが汚染された飲料水が原因で命を落としています。そんな水不足に悩まされているリマに、水不足問題の解決が期待される巨大看板が建設されました。 「巨大看板が水不足に何の約にたつの?」と疑問を抱くことでしょう。この巨大看板は、わたしたちの周りに存在している空気を水に変えることのできる看板なのです。その技術を生み出したのが、水不足に悩む国の名門工科大学、UTEC(The University of Engineering and Technology)です。看板の下の部分には蛇口がついており、ひねれば水がでてくる仕組みとなっています。

空気を水に変える!?仕組みが気になる!

年間を通して雨があまり降らないリマですが、湿度が98%もあるのです。UTECはこの湿度に注目を置き、空気中に含まれる湿気を水に変えることを考えました。つまり巨大看板は、空気中に含まれている湿気を飲水に変えているのです。仕組みとしては空気中の水蒸気を捕まえ、いくつもあるフィルターに通し、何度もろ過することで綺麗な水へと変えているのです。 この巨大看板は、1日に約100Lの水を作り出すことができます。さらに3ヶ月で約9,450Lもの水を作り出すことが出来、水9,450Lというのは、リマに住む数百世帯が1ヶ月に消費する水の量に値すると言われています。 そのためこの巨大看板がいくつも設置されるようになれば、水不足の改善ができ、水不足に悩むことはなくなると言えるでしょう。

まだ1箇所にしか建てられていない?その理由とは・・・

この巨大看板が広まれば、リマは水不足で悩むことがなくなることでしょう。実際に水不足で悩んでいるリマの人々は、この空気を水に変える巨大看板を増やして欲しいと願っていることでしょう。しかし今まだこの巨大看板は、1箇所にしか建てられていないのです。 なぜこんなにも水不足に役立つ看板が、1箇所にしか建てられていないかというと、「簡単に建てることができない」という問題があるからです。 この巨大看板を建てるのにはお金が必要。つまり、建てるためにはお金を集めなくてはいけないのです。お金を集めるにはペルーだけでなく、全国的にこの巨大看板の存在を知ってもらうことが大切だと言えるでしょう。 そしてその一環として、空気から水を作る技術が巨大看板になっていることには意味があり、看板にしたことで宣伝の効果もあるのです。看板にしたことで多くの方に知ってもらい、また広告費で賄うということです。 広告費で賄うことも出来るかもしれませんが、最も普及が現実的になるには、スポンサーとなる企業が現れることでしょう。

おわりに

わたしたち日本人は、当たり前のように蛇口から安全で安心の水をいつでも飲むことができます。しかし世界にはまだ、水道のない国や水道の水が安全なものではない国もあるのです。だからこそペルーのリマにある大学、UTECが開発した「空気を水に変える巨大看板」は注目されるべきものであり、水不足で悩む地域に広めていかなくてはいけないものだと言えるでしょう。

-世界の水
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.