人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

硬度の違いで文化に与える影響【日本・ヨーロッパ】

更新日:

硬度の違いで文化に与える影響【日本・ヨーロッパ】 蛇口をひねれば水道水がすぐに使えるにも関わらず、ミネラルウォーターを購入して飲む人が増えてきました。しかしミネラルウォーターと言っても、様々な種類が販売されていれば、採水地によってミネラル成分の割合が異なります。 とくに採水地で見てみると、日本とヨーロッパ地方では大きく違ってきます。また、採水される水質よって文化も異なるから不思議ですよね。それではご紹介いたします。

水の硬度についてまずは知ろう

水には硬度というものがあります。硬度とは水に含まれているカルシウムとマグネシウムといったミネラル成分の含有量によって「硬水」か「軟水」にわけられます。具体的に言うと、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量が高ければ高いほど硬度が高くなり、含有量が少なくなればその分、硬度の数値も低くなると言えます。 世界保健機関(WHO)の基準でいえば、水1リットル中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120グラムを超えると「硬水」とされ、1リットル中で120グラムを下回ると「軟水」ということになります。

硬度が違うと、水の風味や飲みごたえが変わってくる

水に含まれるカルシウムやマグネシウムと言ったミネラル成分の量が違ってくると、水の風味や口当たりと言った飲みごたえに影響が出てきます。人によって感じ方は異なりますが、一般的に硬水の場合は口当たりが重く、軟水はスッキリとまろやかで飲みやすいと言われています。

日本の水はほとんどが「軟水」

みなさんが日頃使用している水道水や、日本のメーカーで販売されているミネラルウォーターは基本的には軟水です。採水地などによっても水質は多少異なりますが、日本はほとんどの地域でカルシウム・マグネシウムの含有量が少なめの、軟水が多いと言われています。

地殻物質が大きく関係

日本のほとんどの地域で軟水である理由には、地殻物質が大きく関係していると言われています。どういうことかと言うと、国土の狭い日本において、地層中で雪や雨水がろ過される過程でミネラルを吸い取る時間が短く、その結果ミネラルの含有量が低い軟水が各地で湧き出すというわけなのです。

含有量が少ないからこそ育まれた文化がある

ミネラル成分の含有量が少ないと聞くと、軟水より硬水の方が栄養価が高く劣りを感じるかもしれませんが、軟水だからこそ育まれてきた日本の文化があります。日本の文化である「米」がまさにそうだと言えるでしょう。口当たりが良く柔らかい軟水だからこそ、甘みがありふっくらとしたご飯が炊きあがるのです。 このように水は土地・国の食文化に大きく関わり、日本ならではの文化を軟水が生み出し育んだと言えます。

ヨーロッパ地域ではほとんどが「硬水」

世界に目を向けてみると、ヨーロッパ地方では摂れる採水されるほとんどが「硬水」とされています。日本と違い広大な国土を有しているヨーロッパでは、地層による水分のろ過でミネラル成分を十分に吸収できるため、結果としてカルシウムやマグネシウムが豊富な天然水(硬水)が採水されるのです。

硬水を飲んでミネラル不足を解消する文化がある

ミネラルウォーターで硬水を買って飲んだことがある人は、重くて飲みにくいと感じたことがあるのではないでしょうか?実際に、硬度の高いヨーロッパ地方のお水は、軟水に親しんでいる日本人の口には合わないと言われています。 またヨーロッパと日本の文化も大きく違い、食事のメインが肉料理であることの多いヨーロッパでは食事においてミネラル成分が不足状態になりがち。そこでカルシウムやマグネシウムが豊富な硬水でミネラルを補っているという文化があります。

まとめ

ここまでで、水は採水地によって含まれる成分や文化が違うといった部分を説明してきました。いかがでしたでしょうか?お水が国内・国外問わず、爆発的に普及されているといったこともあり、数多くの水を見かけることかと思います。興味があるお水は積極的に飲んでみると、意外な発見や楽しみが見いだせるかもしれませんね。  

-世界の水
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.