人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

採水地一帯は長寿の村!ビルカバンバの水

更新日:

Tungurahua volcano day explosion ビルカバンバ村は、南アメリカのアンデス山脈にある赤道直下の熱帯雨林に位置しています。ビルカバンバ村に住む人たちは、64人に1人は100歳を越えると言われているほど長寿が多く、世界3代長寿の村の一つでもあります。 ビルカバンバ村の水を飲むと長寿になれると言われていますが、ビルカバンバ村の水とはどのようなお水なのでしょうか。

ビルカバンバの水はどんな水?

飲めば長寿になれると言われているお水で現地の人でさえ、わざわざ遠いビルカバンバ村まで水を買いに来るほど、その説は信じられています。 この水は、アンデス山脈を流れているビルカバンバ川を採水地とし「vilcagua」という商品名で売られているようです。飲むと長寿になれる水ということで、ラベルには可愛らしいおじいちゃんが描かれています。  

成分について

アンデス山脈を流れるビルカバンバ川の水は、ミネラル成分を豊富に含んでいる硬度300mg / L以上の硬水です。 特にビルカバンバの水はミネラル成分の中でもカルシウムが豊富に含まれていると言われていますが、カルシウムは長寿を全うするには欠かせない栄養素。 特に高齢者が歩いている最中に転んでしまうと骨折しやすい、という推測はしやすいと思いますが、カルシウムは何も骨だけに作用するのではありません。 カルシウムは体内に一定量を保つように調整されているため、不足すると骨や歯から血管を通って必要な箇所に送られるようになります。その際、血管中にカルシウム成分が固着することがあり、これが動脈硬化などの病気を引き起こすと言われています。カルシウムが不足していなければ、こうしたことが起こる可能性は低くなるため、それが長寿の秘訣、と言うことができそうです。  

ビルカバンバの気候

ビルカバンバ村は、1年を通して気温にあまり変化がみられません。 冬は寒すぎず、夏は暑すぎないという温暖気候で、熱帯雨林のため降水量が多いことが特徴的です。 またこの温暖気候に魅力を感じて移住する欧米人が多く、人口の約2割が外国人です。

おすすめの観光地6選

アンデス山脈の標高1,500mほどの高地にビルカバンバ村があります。ビルカバンバ村を観光地として訪れるという人がほとんどです。ここでは、エクアドル共和国の観光地を紹介します。

1.チリ先コロンブル期美術博物館

チリ先コロンブル期美術博物館は、メキシコ北部から南アンデスまでの陶器・織物・墓石・銀食器などを展示している美術博物館です。また、ラテンアメリカの先住民族の文化と生活方法を見ることができます。

2.キロトア湖

キロトア湖は火山の噴火によりできた湖で、標高3,800mほどに位置しています。エネラルドグリーン色の綺麗な湖、キロトア湖でカヌーなどのレジャーを楽しむことができます。

3.ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会

ラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会は、第11代インカ皇帝であるワイナ・カパックが暮らしていた宮殿の跡地に建てられた教会です。イエズス会が建てた教会で、「イエズス会」をスペイン語にすると「ラ・コンパニーア・デ・ヘスス」となり、これがこの教会の名前の由来です。

4.独立記念広場

旧市街の中心に位置する独立記念広場は、1809年8月10日キトで行われたイベロ・アメリカが初めての独立宣言した際に携わっていた英雄をたたえた記念碑が置かれています。

5.赤道記念碑

赤道記念碑は、キトから北に22キロほど離れた郊外にあります。広場の中央には、高さ30mほどの赤道記念碑が置かれていて、エレベーターで展望台まで登ることができます。また、記念碑の中は民俗資料館として見学することができ、エクアドルの先住民族の文化や生活方法などを展示しています。

6.パネシージョの丘

パネージョの丘は聖母像が建っていて、この聖母像は「キトの聖母」を複製したものです。高さが43mほどあり、なかに入ることも可能です。

おわりに

ビルカバンバの水はミネラル成分が豊富な硬水で、特にカルシウムが豊富に含まれているため「長寿になれる水」と言われているのではないでしょうか。また、ビルカバンバ村はコーヒーの産地として有名で、村のほとんどの人がvilcaguaでコーヒーを作り、飲んでいるようです。 一度、ビルカバンバ村へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

-世界の水
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.