人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ドイツの伝説的名水、ノルデナウの水

更新日:

imasia_12527450_M ドイツのドゥッセルドルフから東へ200kmほど先にある、シュマーレンベルグ地方にノルデナウ村があります。スレートの採掘場が古い廃校となり、そこから湧き出た水がノルデナウの水で、「奇跡の水」とも呼ばれています。 では、ノルデナウの水にはどのような特徴があるのでしょうか。  

ノルデナウの水はどんな水?

廃坑をワインの貯蔵庫として利用していた時、一人の心理療法士がその廃坑を訪れた際、ただならぬエネルギーを感じ、廃坑の奥で湧き水を発見しました。そしてその心理療法士は「この湧き水を飲めば病が癒やされる」と言い出し、実際に飲んでみたところ治癒したそうです。そして、この話しは近所の人やホテルの宿泊客により広められていき、糖尿病・アレルギー・アトピーといった病を抱えた人がノルデナウの水を飲むと、みるみるうちに治癒されていったことから「奇跡の水」と言われるようになったそうです。 今では、1日に数百人の観光客が世界中から訪れているようです。  

成分について

わたしたちが体に取り入れた酸素の2%ほどが活性酸素に変化すると言われていて、活性酸素は体の酸化を促進する役割があります。体が酸化の状態になると細胞膜などを錆びつかせ、健康を阻害する恐れがあります。 ノルデナウの水には活性酸素を除去する活性水素が豊富に含まれているため、病を癒す力があると言われています。  

ノルデナウの気候

気温は穏やかで、極度に暑かったり寒かったりすることがありません。 夏場は摂氏20~30度の間を保ち、冬場は氷点くらいまで下がります。また、降水量は1年を通して基本的には安定しており、夏場に多少多くなることもあるそうです。

おすすめ観光地4選

ノルデナウの水を求めて、ノルデナウ村に訪れるという観光客が多いようです。ここでは、ドイツの観光地を紹介します。

1.ライン河クルーズ

この川は、ドイツの人々にとってとても重要な川で「父なる川」という愛称で親しまれており、全長1,320kmドイツで流れている長さは約700kmほどです。クルーズ船はマインスからケルンまで運行されており、渡船時間は11時間程度です。また、ツアーも用意しているため、観光客にはツアーをおすすめしています。

2.ケルン大聖堂

ケルン大聖堂は、1996年にコネスコの世界遺産に登録されています。ドイツ最大の高さ157mの大聖堂で、1248年に建設が始まり完成したのがその632年後の1880年です。また、大聖堂の中には美しいステンドグラスが飾られており、中でも「バイエルン窓」が有名です。正式な名称は「聖ペトロとマリア大聖堂」と言います。

3.ローテンブルク

ローテンブルクは、観光都市として有名です。絵本に登場するようなカラフルで可愛らしい町並みで、中世の面影を残し「中世の宝石」とも呼ばれています。ただ可愛らしい町並みを楽しめるだけでなく、中世犯罪博物館が存在し中世に使用されていた処刑台や手錠などをみることができます。また一味違う雰囲気のローテンブルクを楽しむことができるでしょう。

4.ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城は、ディズニーランドにあるシンデレラ城のモデルにもなりました。パンフレットでも表紙を飾るなど、ルートヴィッヒ2世が「中世」をテーマにして建てたお城で、ドイツの中でも1・2位を争うほど美しいお城と言われています。この美しいお城に魅了され、何度も繰り返し訪れる観光客が多いようです。

おわりに

ノルデナウの水には活性水素が豊富に含まれているため、病を癒す力のある「奇跡の水」と言われているのでしょう。 ドイツはノルデナウの水だけでなく、ビールも有名でおいしいビールが豊富にそろっています。一度、奇跡の水とおいしいビールを求めてドイツに足を運んでみてはいかがでしょうか。

-世界の水
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.