人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

インドを代表する神秘の水、ナダーナ

更新日:

imasia_1556971_M インドと言ったら何を思い浮かべますか?カレーやナン、インド衣装のサリーなどを思い浮かべるのではないでしょうか。インドのナダーナ村で「神秘の水」と呼ばれる名水が湧き出たことは1992年の出来事です。ではこの神秘の水は、一体どのような水なのでしょうか。

ナダーナの水はどんな水?

1992年インドのナダーナ村にある、もうすでに枯れてしまった井戸から再び湧きだした水がナダーナの水です。この時、井戸掘りの作業員の目に細菌が入り目を洗ったところ一晩で治り、さらに持病である夜盲症まで治ったということがきっかけで病を治癒する水として噂が広まりました。 そして、ナダーナ村に住む皮膚病を患った人たちが、ナダーナの水で水浴びをすると皮膚病が治り、小児麻痺の5歳の少女がこの水を飲んでから1週間後には、歩けるようになったことから「ナダーナの神秘の水」と呼ばれるようになりました。 今では1年で50万人もの人が、ナダーナの水を求めてナダーナ村へ観光に来るそうです。  

成分について

ナダーナの水には、活性水素が含まれているということが近年わかりました。活性水素は活性酸素を除去し、わたしたちの体の酸化を予防してくれます。 ナダーナの水以外にも、世界の名水には活性水素が豊富に含まれているケースが多く、医学的にも科学的にも活性水素の病を治癒する効果は証明されていませんが、活性水素が病を治癒する水と繋がりがあるのではないかと言われています。  

ナダーナの気候

インドは11~3月までが乾季、7~8月が雨季となっています。8月が雨季となっています。 乾季の間は雨具を持ち歩く必要もなく、観光客がよく訪れることが多いようです。また、12~1月のインド北部は、夜がとても冷え込むため、この時期の観光はあまりおすすめされていません。  

おすすめ観光地4選

ナダーナ村の観光地といえば、やはりナダーナの神秘の水が湧き出ている井戸と言えるでしょう。ここでは、インドの観光地を紹介します。

1.タージ・マハル

タージ・マハルは、世界で最も美しい霊廟と呼ばれています。若くしてなくなってしまった王妃、ムムターズ・マハルのために第5代皇帝のシャー・ジャハーンが建てたと言われています。今は最愛のムムターズ・マハルと一緒に、シャー・ジャハーンもタージ・マハルに眠っています。

2.アグラ城

アグラ城は周囲が2.5kmもあるとても大きく、イスラム勢力のムガル帝国皇帝が暮らしていたお城です。また城壁は赤砂岩でできており、別名「赤い城」と呼ばれています。皇帝が変わるたび、増改築や補強が重ねられアグラ城の外は赤、中は白という色彩で多くの方が見学を楽しんでいます。

3.カジランガ国立公園

カジランガ国立公園は、世界遺産に登録されています。地球上で2,000頭ほどしかいないと言われているインドサイが、カジランカ国立公園には1,200頭ほど生息しています。日本の動物園とは一味違う、自然に生きるサイをみることができます。

4.ハンピの建造物群

ハンピの建造物群は、世界遺産に登録されています。インドの最大都市、ムンバイの南東に位置しており、14~16世紀にかけて南インドのヒンドゥー教が築いた王都で、約50万人がハンピで生活していました。しかし、イスラム軍に敗れ、パンピは廃墟となってしまいました。  

おわりに

インドのナダーナの水が「ナダーナの神秘の水」として有名になったことは、つい最近の出来事です。またインドには建物や町など、コネスコの世界遺産に登録されているものが多く観光地としておすすめの国です。 日本からインドまで飛行機で9時間、時差が3時間30分しか違いがないため、一度インドまで足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと楽しんでいただけるはずです。

-世界の水
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.