人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

水の料金だけじゃない!ウォーターサーバーにかかるコストとは?

更新日:

ウォーターサーバーを使うとき、かかる料金はお水代だけだと思っていませんか?
実はそれ以外にもかかるコストはさまざま。お水が安いからと言ってそれだけで決めてしまうと、後々「こんなにかかるの?」なんて後悔してしまうかもしれません。
そんなことにならないために、いったい何に料金がかかるのか費用の内訳をしっかり把握しておきましょう!

いろいろあります、ウォーターサーバーのコスト

1.お水代

まずはお水代。ウォーターサーバーで使われているお水は大きく天然水とRO水の2種類に分かれます。どのメーカーも天然水はやや高め、RO水は安い価格設定になっています。
お水の価格はメーカーによりさまざまですが、どのお水をどのくらい注文するのかによって値段も大きく変わってきますので、ご自身の使用量はざっくり把握しておきましょう。
また月々の注文ノルマが設けられている場合もありますので、こちらも注意が必要です。

2.サーバーレンタル代

サーバーレンタル代は各メーカー無料~1500円程度まで幅広く設定されています。サーバーレンタルが無料だとお得に感じますが、その分お水が高めだったり、初期費用など他の費用がかかってくる場合もあります。
また無料の場合でも「〇本以上注文しなければいけない」など条件つきのサーバーもあるので注意しましょう。

3.電気代

ランニングコストとして気になるのが電気代。ウォーターサーバーは基本的にずっとつけっぱなしですから、電気代はかなりかかるんじゃないの?と心配な方も多いはず。
相場ですと月に約800~1500円といったところですが、その金額はお水の使用量によっても大きく変わってきます。
ただ最近では省エネ機能搭載のサーバーも増えてきていますので、電気代はかなりおさえられるようです。
各メーカー目安の金額を表示していますので、ホームページなどでチェックしておきましょう。

4.送料

送料については基本的に無料のメーカーがほとんどです。ただし地域やプランによっては送料がかかってくる場合もありますので、しっかり確認しましょう。

5.メンテナンス代

メーカーによっては数年に一度サーバーのメンテナンスを行っているところもあります。その費用は無料であったり月額でかかるところ、年間でかかるところとさまざま。最近ではメンテナンスフリーのサーバーも増えてきていますね。
セルフメンテナンスで済む方が良いか、有料でもしっかりとしたプロのメンテナンスをしてほしいかを選びましょう。

6.設置費用

見落としがちなのがサーバーの設置費用。 基本的にリターナブル方式のメーカーでしたら専門スタッフの方が無料で設置してくれます。
宅配便を使用しているメーカーの場合ですと自分で設置するか、もしくは委託業者の方が設置することになるので、設置費用がかかる場合があります。
金額だけでなく、重たいサーバーを自分で設置するかどうかは隠れたポイントなので、確認しておく必要がありますね。

7.解約金

ウォーターサーバーには基本的に契約年数が設けられています。
こちらもメーカーにより異なりますが、半年~2年が一般的です。この期間内に解約をしてしまうと、解約金が発生していまいます。
その金額は約3000~1万5000円。かなり幅広く設定されていますね。中には無料のメーカーもあります。
解約金に関してはあまり大々的に告知されてはいないので、しっかりと確認しておきましょう。

まとめ

以上のようにウォーターサーバーにかかるコストはこんなにあるんです。もう一度簡単におさらいしてみましょう。

  • お水代
  • サーバーレンタル代
  • 送料
  • メンテナンス代
  • 設置費用
  • 解約金

この他にも長期間スキップ時の手数料やサーバーが故障したときなど、予想外の費用が発生する場合も考えられます。
後になってこんなはずじゃなかった!と思わないために、それぞれしっかり把握したうえでウォーターサーバーを選びましょう!

-ウォーターサーバー

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.