人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ウォーターサーバー「うるのん」にかかる月額費用

更新日:

富士山の天然水としてモンドセレクション(金賞)を受賞した「うるのん」ですが、実際に「うるのん」でウォーターサーバーを契約すると月額費用はいくらかかるのでしょうか?
おいしい水は飲みたいけれど、やはり毎月かかる費用がいくらかは気になるところ。ウォーターサーバーを検討されている方はこれから紹介する内容を参考としてください。

ウォーターサーバーを選ぶ基準は何?

まずは、ウォーターサーバーを選ぶ基準について考えてみましょう。
「毎日飲むお水だから、とにかく味にこだわりたい」「お水代・サーバーレンタル代・送料・電気代などトータルで安く済ませたい」と契約される方によって基準は異なるでしょう。
そして、「安さだけでウォーターサーバーを選んだが味が合わず、すぐに他社へ変えて違約金など余計に費用がかかった」なんて話はよくあります。味も価格も納得できるウォーターサーバー(お水)を選ぶのが理想です。

「うるのん」は味もおいしくお手頃価格

味がおいしくて、お手頃価格。実際に「うるのん」を愛用している方の口コミを見ていると、「うるのん」はこの理想を叶えてくれるといえるでしょう。

・さらりとした飲みごたえでおいしい

「うるのん」の水は、さらりとした飲みごたえでおいしいと愛用者からも高い評判。おいしさの理由は、ミネラル成分をたっぷり含んだ富士山の大地から汲み上げるところにあります。
そして、水を汲み上げる場所と工場が近く、天然水を新鮮なままボトルに入れられるため、おいしさをキープできているのです。

・月々の支払い費用は「お水代」のみ

気になる月額費用ですが、月々の支払は「お水代」だけです。(1部地域・サーバーは除く)

■配送料金は0円で、定期的にお水を届けてもらえるので重いペットボトルを持つことなく断然楽です。
■メンテナンス費用も0円です。3年に1回新しいサーバーに取り替えてくれます。
■サーバーレンタル料も無料で便利に使えます。
■水ボトルは1,900円/12リットルが1本の値段。水の種類と配送頻度を選ぶと指定日時にお水が届きます。また追加注文OKです。

このように、月々の支払は家に届いた分のお水代を支払うだけですので非常にお手頃で安心。

<注意点>
  • 配送は一部エリア(北海道・沖縄)は税込み324円/本の送料が別途かかるため注意が必要。
  • エコサーバーを選ぶ場合はサーバーレンタル料が別途必要。(300円)
うるのんを契約している人たちの月額費用

実際に「うるのん」を利用しているお客様の月額費用【人数別】

独自調べでまとめた「うるのん」利用者の、毎月かかっている費用データを紹介します。
使用人数別に紹介しますので、ご自身のご家庭と照らし合わせながら参考としてください。

2人(大人2) 3人(大人2 / 子供1) 4人(大人2 / 子供2)
主な利用目的 飲水・料理 飲水・料理 飲水・料理・離乳食
毎月の利用目安 2本(24リットル) 3本(36リットル) 3本(36リットル)
注文ペース 3週間に2本 3週間に2本 3週間に2本
月々の支払金額 3,612円 5,418円 5,418円
口コミ 1ヶ月2本の水では足りないかも・・。便秘が少し改善したかもというのが感想です。 最初は、災害用に備蓄できると購入しました。来客時など「おいしい飲み物をすぐに提供」できるのも便利です。とくに夏の暑い時期は、冷たいお水が喜ばれ、「おいしい!」とおかわりをされる方が続出しています。 富士山の天然水が毎日楽しめて最高です。ボタンを押しながらでないと水やお湯が出ない仕組みも安全で、小さい子がいる家庭には助かります。
  月額費用まとめ

「うるのん」にかかる月額費用は、お水代のみ(1部地域・サーバーは除く)

ここまでで紹介してきたように、「うるのん」にかかる月額費用は1部地域とサーバーを除いて、お水代のみ。前述の、実際に「うるのん」を利用しているお客様の月額費用データをご自身の家庭と照らしあわせて検討してみてはいかがでしょうか?

「うるのん」は味もおいしく、お手頃価格で非常におすすめといえます。

→うるのんの商品詳細はこちら

-ウォーターサーバー
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.