人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

「うるのん」は赤ちゃんのミルク作りにおすすめ?ママさん必見

更新日:

赤ちゃんのミルクをミネラルウォーターで作る家庭は増えています。そこで今回は、赤ちゃんのミルク作りに使うミネラルウォーターについて見ていきましょう。

赤ちゃんのミルク作りに使えるミネラルウォーターの条件とは

赤ちゃんのミルク作りで使う水として、ミネラルウォーターであれば何でもOKと勘違いをされている方がいますが、それは大きな間違い。今では、海外産から国内産と様々なミネラルウォーターが販売されています。
間違ったミネラルウォーターでミルクを作ってしまうと、赤ちゃんの体に負担をかけてしまいますので、こちらで赤ちゃんのミルク作りに使えるミネラルウォーターの条件をおさえておきましょう。

条件1. ミネラル成分の少ない軟水

ミネラルウォーターは「硬水」と「軟水」の2種類に分けられます。
硬水や軟水といった水の硬さは、水に含まれるミネラル成分の量で決まります。ミネラル成分が多いものは硬水、成分が少ないものが軟水です。
ミネラル成分が多く含まれた水を体の小さな赤ちゃんが飲むと、ミネラル成分を体内で分解しきれなく負担が大きくなります。ですから、赤ちゃんのミルク作りにはミネラル成分が少ない「軟水」を選びましょう。

条件2. 採水地の安全性や品質管理がしっかりしている

採水地の安全性や、品質管理がしっかりしているというのが2つ目の条件。「うるのん」の水は、品質管理も徹底されていて、採水地の安全性も確かであるため、おすすめです。

「うるのん」が提供する厳選された水の種類とは

「うるのん」が提供している厳選された水の種類について下記に紹介します。
富士の天然水さらり 富士山のふもとで採水した弱アルカリ性の軟水
やわらか水 極小浄化孔フィルターで不純物を徹底的にろ過した安全な水

※やわらか水は2017年10月1日より取り扱い終了となっています。

今回赤ちゃんのミルク作りとしても最適な水としておすすめしたいのは、「富士の天然水さらり」です。
理由は硬度の低い軟水で、体に良いといわれている弱酸性であることから、赤ちゃんの体に負担にならないからです。

ウォーターサーバーでの赤ちゃんミルクの作り方とは

ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方

ここまでで、赤ちゃんのミルク作りに選ぶ水の条件は「ミネラル成分が少ない軟水」「品質管理」がしっかりしていること。そのお水としておすすめなのが、「うるのん」の、富士の天然水さらりというのはおわかりになったと思います。
最後に、ウォーターサーバーを使ってどのように赤ちゃんのミルクを作るのかを説明します。
作るのが難しいと思われがちですが、とても簡単ですので心配不要です。

哺乳瓶にサーバーからお湯と水を入れ適温にしたあと、粉を投入してまぜる

ウォーターサーバーで赤ちゃんミルクを作るのはとても簡単。哺乳瓶にウォーターサーバーから直接お湯と水をいれて、適温にしたあと、粉を投入してまぜるだけです。
ミルクを作る注意点をあげるとするならば、粉にお湯を注がないというところ。粉にお湯を注ぐと成分が破壊されるため、必ず適温にしてから粉を入れてください。

赤ちゃんのミルク作りには「うるのん」の”富士の天然水さらり”がおすすめ

赤ちゃんのミルク作りに使うミネラルウォーターの条件と、ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方を紹介してきました。参考となりましたでしょうか?
話をまとめると、赤ちゃんのミルクをミネラルウォーターで作る際には、ミネラル成分が少ない軟水を。そして、採水地の安全性や品質管理がしっかりとしているブランドを選びましょう。
「うるのん」の”富士の天然水さらり”は、それらの条件を満たし赤ちゃんのミルク作りとしてもかなりおすすめのミネラルウォーターといえます。

→うるのんの商品詳細はこちら

-ウォーターサーバー
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.