人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

他社の水とは違う「うるのん」の魅力を紹介

更新日:

ウォーターサーバーを取り扱う会社は、日本国内だけでも30社以上はあるといわれています。
ウォーターサーバーをこれから契約しようと考えたとき、30社以上のなかから選ぶことを考えると頭をかかえるでしょう。そこで今回は、ウォーターサーバー会社の中で注目度が高い、「うるのん」について紹介します。

「うるのん」の他社とは違う3つの魅力

具体的にどのようなところが、他社と違うのでしょうか。ここでは、「うるのん」が他社とは違うポイントを3つ紹介します。

その1. 全国対応で富士の天然水を配送している

1つのブランド水として有名な富士山の天然水ですが、沖縄や北海道まで配送しているメーカーはあまり多くはありません。
その点、「うるのん」は配送料無料で全国配達しています。
※沖縄・北海道は配送を行っていますが別途料金がかかり、一部の離島や山間部においては配送できない場合がありますので、メーカーに確認をお願いします。

その2. バナジウム含有量が業界トップクラス

バナジウムとは、インスリンと酷似した性質で体内へ摂取されるとインスリンの代わりに血糖値を下げる効果があるといわれています。
そのバナジウムの含有量が、1ℓ当たりで100μg(通常だと60μg程度)と非常に多いのが他社とは違う「うるのん」の魅力です。
糖尿病予防効果やコレステロール値の改善、そして脂肪燃焼促進や美容を目的とされている方にと幅広く愛用されています。

その3. アルカリ性のお水は身体にピッタリ!

「うるのん」の水は、消化不良や便秘の改善、活性酸素の除去効果が期待できるアルカリ天然水です。
そして、水を選ぶ上で欠かせない数値のpH値は8.5。この数字はアルカリ寄りであることを示します。
例えば尿結石などは、尿の成分が酸性よりであると起こりやすいといわれているため、アルカリ性寄りの水を飲むことで、そうしたリスクが軽減できるのではないでしょうか。
水を飲むことですぐさま体質が改善されるわけではありませんが、現代人の体内は酸性寄りだとも言われています。
このように普段飲む水を気をつけることで健やかな生活が送れるかもしれません。

「うるのん」は品質管理も業界最高水準

品質管理が最高水準のうるのん水

ここまでの紹介で、「うるのん」の水がどのように他社と違うかといった部分についてはおわかりいただけたかと思います。
最後に「うるのん」の水は、pH値だけでなく品質管理も業界最高水準であるというところを紹介します。

最新設備を整え高水準のクリーンルームで検査を行っている

「うるのん」の水が作られる工場では、広大な敷地面積を誇り、最新の設備が整えられています。検査は最新の設備、高水準のクリーンルームで行われているので、より品質は確かなものだといえます。

放射線検査を徹底している

「うるのん」は、もちろん万全の品質管理体制のもとで水を作っていますが、お客様へさらなる安全の提供を目指し、第三者機関へ放射線物質検査を依頼しています。 検査は、平成25年検査は2月からおこなっており、確認できる最古のデータでも放射線物質が一切検出されていない

まとめ

「うるのん」の、他社と違う魅力について紹介してきました。参考となりましたでしょうか?バナジウム含有量や、pH値が業界トップクラスであるのは、これからどこの会社とサーバーを契約しようかと悩んだ際の判断材料になるでしょう。
また、毎日飲む水だから品質にもこだわりたいですよね。その点でも、「うるのん」の水は業界最高水準といわれているので非常に安心です。

→うるのんの商品詳細はこちら

-ウォーターサーバー
-,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.