人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ウォーターサーバー契約後によくあるトラブルと対処方法

更新日:

ウォーターサーバーが急速に普及されている現在では、契約後にトラブルが起こったという声も少なくありません。自身がウォーターサーバー契約後、なにかのトラブルに見舞われる可能性もあります。そのようなトラブルを回避するためにも、ここではよくあるトラブルと対処法について見ておきましょう。

よくあるトラブル1.「天然水」だと思っていたらRO水だった

ウォーターサーバーの水にはミネラル成分たっぷりの「天然水」と、ろ過により不純物を取り除いた「RO水」の2種類があります。実際にウォーターサーバー契約後、天然水だと思っていたらRO水だったというのはよくあるトラブルです。

対処方法:情報をしっかりと確認する

対処方法はハッキリいって、情報をしっかりと確認する以外にありません。実際にトラブルとなった人の声を見ていると、ウォーターサーバーの水=天然水といった認識で、RO水について知識がなかったという人が多いです。 ですから、契約前にウォーターサーバーの水には「天然水」「RO水」の2種類があるという情報を確認するのが重要でしょう。 また、実際にメーカーへ注文する際にもしっかりとウォーターサーバーの水について説明をしてもらい確認するのをおすすめします。

よくあるトラブル2.ボトルが重くてサーバーセットが大変

ほとんどのメーカーが取り扱っている定番のボトルは12リットルと、男性が持つにしても少し重い大きさとなっています。とくに女性の方、お年寄りの方、妊娠中の方から「ボトルが重くてサーバーに新しい水をセットできない」とトラブルの声としてあがっています。

対処法:「卓上型サーバー」で容量が小さめのボトルを検討する

ウォーターサーバーには「床置きタイプ」「卓上タイプ」があります。みなさんがウォーターサーバーと聞くと、まず頭に浮かべるのは定番である床置きタイプでしょう。床置きタイプのサーバーの場合、ボトルを持ち上げる位置も高くなるのでやはり大変。 卓上タイプのサーバーの場合、床置きタイプと同じボトルを入れるものもありますが、床置きタイプと比べて、容量が小さなボトルがあります。このような容量が床置きタイプより小さなボトルを選ぶことで、持ち上げる高さも低くなり交換が楽になります。ですから、トラブルの対処法として卓上タイプで床置きタイプより小さいボトルを検討してみましょう。

よくあるトラブル3.お子さんが火傷をした

お子さんがサーバーを触った際、出てきてお湯で火傷をしてしまったというトラブルは多いです。お子さんがいても安全にウォーターサーバーで水を飲むためにできる対処法をおさえておきましょう。

対処法:チャイルドロック付きか確認

ウォーターサーバーには、チャイルドロック機能が付いたものが多く出ています。お子さんが火傷をしないように対処するには、このような機能がついたサーバーを選ぶようにしましょう。

よくあるトラブル4.モーターの音が気になる

ウォーターサーバーは冷水や温水を出すためモーターがついています。そのため音が気になるという人もなかにはいます。どうしてもモーター音が気になる、大きな音に感じるといったときの対処法をおさえておきましょう。

対処法:設置場所を変えてみる

たとえばウォーターサーバーが傾いていたり、壁に近いとモーター音が大きく出てしまうことがあります。ですから、設置場所を変えて改善するようにしましょう。設置場所を変えても音が改善されないといった際には、サーバー内の機械トラブルも考えられるので、メーカーに連絡をいれて相談してください。

まとめ

ウォーターサーバー契約後によくあるトラブルとして、対処法と合わせていくつか紹介してきました。今回紹介したトラブルのほかにも、実際に起こっているトラブルはまだまだあるでしょう。 積極的に色んな人の意見や感想を聞き、いざトラブルが起こったときに対処できるようにしておきましょう。

-ウォーターサーバー
-,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.