人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

契約前に役立つワンウェイ・リターナブル方式の一般的な知識

更新日:

ウォーターサーバーを契約すると業者さんから水を宅配してもらうことになり、その宅配方法は「ワンウェイ方式」と「リターナブル方式」と呼ばれる2種類に分けられます。 ウォーターサーバーの契約前に、両者の違いをメリット・デメリットと合わせて把握しておきましょう。

「ワンウェイ方式」は空になったボトルを自身で破棄

「ワンウェイ方式」を簡単に説明すると、水を飲みきり、空になったボトルを自身で破棄する方式です。配達のみの片道(One Way)が名前の由来となっています。 下記で、ワンウェイ方式のメリットとデメリットを合わせて確認しておきましょう。

メリット

・ボトル回収が不要ですぐに処分できるため、空ボトルの保管場所を必要としない ・宅配地域が全国各地と広い(一部離島を除く) ・外気がボトル内へ混入しないため、非常に衛生的 ・水が減ると共に容器が圧縮していくため処分するときはコンパクトになる ・設置場所の雰囲気に合わせたデザインや、スマートなサーバーがある ・基本的に宅配便のため受取りが容易(再配達依頼も可能) 以上が、一般的にいわれているワンウェイ方式のメリットです。

デメリット

・自身でゴミを破棄するため分別に手間がかかる ・リターナブル方式と比較するとコストが多少上回る ・メーカーによってはゴミ(空ボトル)がかさばる とくにワンウェイ方式のデメリットでもある、ゴミの破棄に手間がかかる部分。また、コストがリターナブル方式より上回るといったところは、世間でよく声としてあがっています。

「リターナブル方式」は空になったボトルを後日回収

ガロンタイプや回収再使用型とも呼ばれる「リターナブル方式」は、先ほどのワンウェイ方式とは違い、空になったボトルが後日ウォーターサーバー会社により回収されます。回収されたボトルは洗浄・殺菌の後、再利用されているのが特徴です。

メリット

・ワンウェイ方式と比較するとコストが安い ・水漏れが少ない ・配達回数が多く、ワンウェイ方式より早く届く場合が多い ・ウォーターサーバー会社が配達を行っているので、商品に詳しい人間と直接話ができ早く届く、コストが安いといった部分がリターナブル方式の大きな魅力でもあり、実際にリターナブル方式を選ぶ決め手となる理由としてもたくさんの声があがっています。

デメリット

・水を汲む際に、多少外気が入るため衛生面が気になる ・多少外気が入るため開封してからの賞味期限がワンウェイ方式より短い ・ワンウェイ方式のような、おしゃれなサーバーが少なく、外からボトルが見える ・水を汲む際に「ポコポコ」と音が鳴る ・空ボトルを回収してもらうまでスペースが必要 ・配達はウォーターサーバー会社が行うので受取が不便 ・宅配地域が限定されている場合が多い 空ボトルが回収されるまでの間、保管しておくスペースが必要となるのはワンウェイ方式よりコストが安いとはいえ、デメリットだと感じる人が多いのが現状です。

まとめ

「ワンウェイ方式」と「リターナブル方式」の違いについて、メリット・デメリットをふまえて見てきました。参考となりましたか?「どちらの宅配方式がいい?」という部分に関しては、ウォーターサーバーを契約される方が何を基準にするかで変わってきますので、一概にどちらの宅配方式が良いとはいえません。 空ボトルの保管に場所を取られたくない、デザイン面を重視したいのであれば「ワンウェイ方式」を。 価格をおさえて水を飲みたいといった場合には「リターナブル方式」を検討してみてはいかがでしょうか。 ウォーターサーバー契約後に「宅配方式を間違えた」と思うことがないように、周囲の意見を聞き、じっくり考えるようにしましょう。

-ウォーターサーバー
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.