人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

契約前に知っておくべきウォーターサーバー解約時の注意点

更新日:

ウォーターサーバーを契約する前に、解約時の注意点をおさえておくことは重要。実際に、ウォーターサーバーの契約をした後に、解約をめぐってトラブルが起こっているという声が目立っています。

注意点1. 解約時は基本的に費用がかかる

ウォーターサーバーの契約前に理解しておく注意点の1つ目として、解約時には基本的に支払い費用が発生すると覚えておきましょう。 支払い費用は大きく分けて2つです。

解約金

解約時に支払うことになる「解約金」は、特定の会社だけに発生する話ではありません。ウォーターサーバーは月額契約で1年~2年間と長期的に利用してもらうことを前提として、安くお水を提供したり、サーバーの貸出をしています。 ですから、契約期間内で解約されてしまうと会社にとって利益が出ないという理由から、解約金が発生してしまうのです。 中には解約金が発生しない会社もありますが、基本的には契約期間内に解約をすると、「解約金」がかかりますので注意しておきましょう。

レンタルしているサーバーの返送費

解約をすると、レンタルしているサーバーの返却をしなければなりません。メーカーによっては無料で回収してくれるところもあれば、自己負担でサーバーを返送しなければならなかったりとバラバラです。 どこのメーカーと契約をしようかと考える際には、解約時のサーバー返却についても考えられるのをおすすめします。 ※ウォーターサーバーをレンタル契約ではなく購入された際には、返却の必要はありません。ただし、分割購入で支払い残がある場合には、一括で支払いを求められるケースがありますので、注意が必要です。

注意点2.解約のタイミング

続いては解約のタイミングです。基本的に解約の連絡は、自身が契約するメーカーに電話を入れて解約の旨を伝えて、指示に従います。 では、解約の連絡をするタイミングはいつが適切なのかを見ておきましょう。

次回配送の水が届く1週間前までに連絡をするのが、タイミングとして◎

契約期間内に解約する場合であっても、契約期間満了により解約する場合であっても、連絡を入れる適切なタイミングは、次回配送の水が届く1週間前と一般的にいわれています。

解約金の相場と、一般的な契約期間とは?

解約時の注意点として、「解約時にかかる費用」「解約のタイミング」について見てきました。最後に一般的な解約金の相場と、契約期間はどのようになっているのかについて確認しておきましょう。

「解約金」の相場は3,000~10,000円

メーカーによっては契約期間内に解約をしても、解約金が0円のところもあれば、5,000円、10,000円とさまざまです。独自調べの結果、解約金の相場は3,000~10,000円であるのがわかりました。こちらの相場を目安として、自身で気になるメーカーを調べられるのをおすすめします。

「契約期間」は6ヶ月~2年間

契約期間についても、解約金と同様でメーカーによってバラバラです。独自の調べでは、6ヶ月~3年間だというのがわかりました。 ウォーターサーバーの契約を考える際には、検討するメーカーの契約期間を自身の目で確認しておきましょう。

解約時には「解約費用」と「連絡のタイミング」に注意が必要となる

解約時の注意点として、「解約金」がかかるという部分。そして「解約連絡を入れるタイミング」と、大きく2つに分けて紹介してきました。ご理解いただけましたでしょうか? また、解約金やウォーターサーバーの契約期間については、メーカーによってバラつきがありますので、契約前にしっかりと複数のメーカーを比較しながら確認してください。

-ウォーターサーバー
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.