人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ウォーターサーバーの利用で考えられるメリット・デメリット

更新日:

ウォーターサーバーを利用するメリットとデメリットについて考えたことはありますか?先にいってしまえば、ウォーターサーバーを利用する際にメリットはもちろんありますが、デメリットな部分も存在しています。 これからウォーターサーバーを利用しようと考えているのであれば、メリットとデメリットを知っておきましょう。

ウォーターサーバーを利用するメリットとは

日頃の生活にかかせない水をいつでも飲める、ウォーターサーバーを使う人にとってメリットは多くあります。そのメリットのなかでもとくに注目しておくべき部分について紹介します。

メリット1.目的や好みによって水を選べる

水道水から出てくる水はこちらで選ぶことができません。しかしウォーターサーバーの水に関しては、「天然水」であったり「RO水」であったり、「軟水」か「硬水」自身の目的や好みによって自由に選べます。メーカーによって、水の飲みごたえも違います。

メリット2.おいしい水を適温ですぐに飲める

スーパーなどで水を購入した際には、冷蔵庫で冷やしたりポットで沸かす必要があり手間や時間がかかります。 ウォーターサーバーを利用するとこのあたりの手間や時間が省けて、いつでもおいしい水を適温で飲めるのです。

メリット3.重たい水を宅配してもらえる

ウォーターサーバーを契約すると、メーカー業者から水を宅配してもらえます。ですから、都度買い物の際に重たい水を持ち帰る必要がなくなります。1度の買い物で多くの荷物を持てない、重い荷物は苦手といった人には大きなメリットだといえます。

メリット4.災害時に役立つ

ウォーターサーバーに設置している水や、ボトルは災害時や水道管工事で水が止まったときの備蓄水として、非常に役立ちます。 ボトルが開封されている場合は、2週間~1ヶ月。未開封の場合は6ヶ月~1年間と期間も長いので、常時ボトルを最低でも1本置いておくと、いざといった場面で飲料水として用いることができ便利です。

ウォーターサーバーを利用するデメリットとは

さきほどは、ウォーターサーバーを利用する良い面をみてきました。冒頭でも説明したようにデメリットも存在しています。自身がウォーターサーバーを利用することを考えると、重要となるポイントです。こちらで確認しておきましょう。

デメリット1.毎月費用がかかる

メーカーによってかかる費用にバラつきはありますが、飲む水の代金やウォーターサーバーの電気代はもちろん、場合によってはサーバーのレンタル料やメンテナンス費が必要となります。 契約前には、気になるメーカーへ積極的に問い合わせをして費用について確認されるのをすすめます。

デメリット2.契約期間に縛られる

ウォーターサーバーを契約するとほとんどの場合、6ヶ月~1年。長い期間だと2年と契約期間を設けられます。契約期間内に解約をしてしまうと、ペナルティとして違約金を支払わなければいけないので、注意が必要となってきます。

デメリット3.サーバー設置に場所をとられる

メーカーや、床置きタイプか卓上タイプかによってウォーターサーバーの大きさは異なりますが、やはりサーバー設置にはそれなりのスペースが必要。 ウォーターサーバーを利用する前に、どの場所に設置できるか、スペースの幅をしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

ウォーターサーバーを利用するメリットとデメリットについていくつか紹介してきました。参考となりましたでしょうか?今回の内容の他にも、メリットやデメリットは多くあります。 実際にウォーターサーバーを利用している人の意見を聞くなど、いろんな情報を集め参考としてみましょう。

-ウォーターサーバー
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.