人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ウォーターサーバーの知っておきたい「RO水」「天然水」の違い

更新日:

ウォーターサーバーの契約を考えたときにまず考えるのが、ウォーターサーバーの違い。 ウォーターサーバーには「RO水」と「天然水」の2種類があり特徴も異なるので、両者の違いを知りどちらを契約するか判断するのが重要となってきます。

RO水の特徴

 

RO膜(逆浸透膜)フィルターにより"ろ過"された純水

RO水はRO膜という高機能フィルターにより、ダイオキシンや塩素、細菌やウイルスといった不純物を、限りなく純粋に近い状態にまで"ろ過"した状態の水をさします。

ミネラル成分を後から添加していることが多い

RO水は高機能フィルターにより、純粋に近い状態にまでろ過しています。フィルターのろ過力が大きいため、細菌やウイルスといった不純物以外のミネラルまでも、ろ過してしまいます。 RO水はこのように、不純物以外まで取り除いてしまったミネラル成分を、後から添加しているケースが多いのが大きな特徴です。

「リターナブル方式」を採用している場合が多い

リターナブル方式とは回収ボトルともいわれ、具体的にどのような方式かをいうと、ウォーターサーバーの使用後に、空となったボトルを業者が回収し、洗浄・殺菌をした後に再利用される方式となっています。 RO水では、このようなリターナブル方式が採用されている場合が多いのが特徴です。  

天然水(ミネラルウォーター)の特徴

 

過分な"ろ過"が行われていなので自然ミネラルがたっぷり

RO水とは違い天然水の場合、自然なミネラル成分を残す目的で、過分な"ろ過"が行われていません。そのため、自然なミネラル成分がたっぷり入っているのが天然水の特徴です。

ワンウェイ方式が大半

天然水の一部ではリターナブル方式を採用していますが、大半がワンウェイ方式となっています。 ワンウェイ方式は、使い捨てボトルを宅配する方式(一方方向だからワンウェイ、回収ボトルはツーウェイとも呼びます) 水が空になったボトルは、リサイクルゴミとして廃棄するので、リターナブル方式と違い、次回の宅配時まで空ボトルを置いておく必要はありません。

「RO水」と「天然水」どっちが良いの?

「RO水」「天然水」の違いを見てきましたが、「結局のところどちらの水が良いの?」というのが本音でしょう。 結論、どちらの水が良いかは人によって違います。下記では、「RO水」か「天然水」どちらが良いかを判断する基準を紹介しますので、ぜひ参考としてください。

赤ちゃんのミルクを作る目的であれば「無添加のRO水」が◎

赤ちゃんのミルクを作る目的で、「RO水」か「天然水」を悩まれているのであれば、RO水をおすすめします。またメーカーによっては、RO水にミネラル成分を添加しているものと、ミネラル成分無添加のものが販売されているので注意が必要。 赤ちゃんのミルクを作る目的であれば「ミネラル成分無添加のRO水」をおすすめします。 理由はRO水といえど、天然水のようにミネラルが含まれていると、赤ちゃんの体内でミネラル成分を消化できず、胃に大きな負担を与えてしまうからです。

おいしく水を飲みたいのであれば「天然水」がおすすめ

「RO水」か「天然水」、どちらの水がおいしいと感じるかは人によって左右されますが、一般的な声として「天然水」の方がおいしいという意見が多いです。 水のおいしさには欠かせないミネラル成分が、RO水より天然水の方が多く含まれているという理由から、このような声に繋がったのでしょう。

契約前に「RO水」と「天然水」の違いを知ろう

ウォーターサーバーには大きく分けて、「RO水」と「天然水」の2種類があり、両者それぞれに違いがあると紹介してきました。参考となりましたか? ウォーターサーバーの契約を考えられている方は、どのような目的で水を飲むのかといったところにも目を向け考えてみましょう。

-ウォーターサーバー
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.