人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ウォーターサーバーの契約前におさえておきたい注意点

更新日:

ウォーターサーバーの契約前におさえておきたい注意点 ウォーターサーバーの契約を前に、解約後のことまでを考えられている人は多くありません。契約をするということは、いつかは解約する日が来るということ。「契約前に解約の心配をする必要があるの?」と言う方もいるかもしれないですが、契約をして水やサーバーが届いたものの、「思っていたのと違う…」と解約される方は少なからずいます。 解約前にしっかりと確認していなかったために、「多くの費用が必要となった」このような状況にならないためにも、こちらでいくつかの注意点をおさえておきましょう。

注意点1. 水道水と違い塩素が含まれていない

水道水には殺菌のために塩素が含まれているのに対し、ウォーターサーバーの水には含まれていません。ボトルは頑丈で外部からの空気が入らない作りとなっているため、ボトル開封後、約1ヶ月~1ヶ月半の賞味期限があると言われています。とは言え、ボトルから1度出してしまうと空気に浮遊している微生物やウイルスと触れてしまいます。水道水のように塩素が含まれていないため劣化・腐敗は早いと心得ておきましょう。 とくに湿気が多い梅雨時期、気温が上がりやすい夏場などは要注意。 朝コップに入れたままで忘れていた水が、夜になると嫌な臭いがするというのはよくある話です。また、コップの中だとわかりづらいかもしれないですが、長時間放置した水を光にさらすと、水の中で何かが繁殖したようなものが見られるといったこともあります。 ウォーターサーバーを契約する際には、確かにお水自体は厳しい水質検査をクリアして安全で安心できるものだが、塩素が含まれていないため外気にふれて時間がたつと劣化が早いと頭にいれておきましょう。

注意点2. 契約期間内で解約をすると違約金が発生

中にはウォーターサーバーを契約してしばらくすると、「違うメーカーの水を飲みたい」「思っていたのと違う」と解約を考えられる方もいます。そしてウォーターサーバーの解約手続きをしようと思ったところで、初めて解約金が必要であることに気づく ことは少なくありません。サーバー契約の前には必ず、「解約金がいくら必要か」「解約期間の定めはあるか」の条件を把握しておきましょう。 場合によっては、解約後の「ウォーターサーバー引き取り手数料」や「送料」が必要になるなど、条件は各メーカーによって異なるため、コスト面と水が自分に合っているかを複数の会社と比較されることをオススメします。

注意点3. 解約期間の定め

前述で少し触れたように、ウォーターサーバーの解約期間はメーカーによって様々。多くの場合、契約期間が設けられており、契約をしてから1年・2年と縛りがあるのです。このメーカーが決めた解約期間以内に解約をすると違約金が発生するため、事前確認は必須。 解約時期を把握しておくことで、いざ解約となったときに不必要な出費をせずに済みます。

注意点4. 水ボトルの注文本数

解約期間や解約金と同様、定期的に届けてもらう水ボトルの「最低限これだけは発注してくださいね」といった注文本数もメーカーによって異なります。多くの場合、期間内に最低2本を注文するのが一般的です。家族構成や消費量によっては、次の配送までに使い切れるのか?といった懸念も出てくるでしょう。 ウォーターサーバーを検討する場合には、1日にどれくらいの水を消費するのかも計算しておきましょう。

注意点5. サーバーメンテナンス

契約をする会社によっては1年に1度、ウォーターサーバーのメンテナンスを無料で行ってくれるところ、メンテナンスを行ってくれるがメンテナンス料が発生するなど異なるもの。 また近年では、ウォーターサーバーに自動でメンテナンスを行う「クリーン機能」を搭載した機種もあったりします。契約前にはサーバーメンテナンス費用などについても考えておきましょう。契約後にメンテナンス費がかかるなんて知らなかったと後悔をされる方はいます。

まとめ

契約前に確認しておきたい注意点を5つ紹介してきました。参考となりましたでしょうか?契約前は水の種類であったり、費用であったりと、確認をすることが多いため今回のような注意点は意外と忘れていたり面倒くさいと思ったりになりがち。 契約後に後悔をすることがないよう、事前にしっかりと確認をしておきましょう。

-ウォーターサーバー
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.