人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

どっちがいいの?ワンウェイ方式とリターナブル方式の違いとは

更新日:

【配送方式】ワンウェイ方式・リターナブル方式の違い

ウォーターサーバーのお水の配送方法は2通りあるのをご存じですか?
リターナブル方式」と「ワンウェイ方式」のどちらかになります。両者の大きな違いは以下になります。

ワンウェイ方式
・ボトルは使い切り
・飲み終わった後に家庭ごみとして捨てることができる
リターナブル方式
・ボトルを再利用するため、メーカーが回収・洗浄する
・空のボトルは回収されるまで保管する必要がある

リターナブル方式は水の宅配サービスが始まったころからある配送方法で、みなさんがウォーターサーバーと聞いて連想するもののほとんどはこちらではないでしょうか。
ワンウェイ方式は最近増えてきている配送方法で、最近では主流になりつつありますね。
この二つの方式はウォーターサーバーを選ぶときに大きな違いになりますので、しっかりチェックしておきたいポイントです。 以下にそれぞれメリット、デメリットをまとめました。

ワンウェイ方式のメリット

1.空ボトルの保管スペースがいらない

ワンウェイ方式はOne Wayというその名の通り「片道」です。飲み終わった空のボトルは回収する必要がなく、捨てることができます。
ウォーターサーバーのお水は12リットル入りが主流なので、ストックを置いておこうとするとスペースを要しますが、ワンウェイ方式なら保管しておく必要がないので、無駄なスペースをとりません。
ワンウェイ方式のボトルはPET樹脂などやわらかい素材でできていて、お水を使う度に圧縮されていきます。
ウォーターパックの場合はポリエチレンでできていて、さらに薄くやわらかいのでかなり小さく折りたたむことができ、ゴミを出すときもかさばりません。

2.使い捨てだから衛生的

先ほど述べたように、ワンウェイボトルは使い捨てできるので衛生面で安心です。またボトル内は真空状態で空気に触れることが少ないため、雑菌が繁殖するのを抑えることができます。

3.宅配便なので再配達可能

リターナブル方式では業者がボトルの配達・回収を行いますが、ワンウェイ方式では基本的に委託された宅配業者(クロネコヤマトや佐川急便など)がお水を届けてくれます。そのため、不在時にはいったん持ち帰りとなりますが、再配達ができるので都合に合わせてお水を受け取ることができます。

4.メンテナンス代がかからない

ワンウェイ方式のウォーターサーバーは、基本的にメーカーによるメンテナンスがなく、メンテナンス代はかかりません。サーバーにクリーンシステムが搭載されているので、メンテナンスが必要ないんですね。ただし日々のお手入れは自分でやる必要があります。

ワンウェイ方式のデメリット

1.価格が高い

ボトルが使い捨てでコストがかかることから、ワンウェイ方式のお水は価格が高いです。その分天然水で品質がいいので、価格と質のどちらをとるか悩ましいところです。

2.ゴミが出る

使い捨てなので当然ですが、ワンウェイ方式の場合は毎回ゴミがでます。ペットボトルよりはましですが、エコという観点からみるとデメリットといえるでしょう。
また、飲み終わったあと圧縮されるとはいえ限度があるため、ごみがかさばります。

以上のことから、ワンウェイ方式はこんな方におすすめです!

  • 空ボトルが邪魔になるのが嫌な方
  • 衛生面が気になる方
  • お水を直接受け取りたい方
  • メンテナンス代をうかせたい方

リーターナブル方式のメリット

1.ゴミが出ないのでエコ

リターナブル方式はReturnable=「返却可能」という名前の通り、メーカーがボトルを回収して再利用します。ワンウェイ方式のようにゴミが出ないので、環境に配慮した方式だと言えます。
リターナブル方式で使われるガロンボトルは硬いプラスチックでできています。衝撃に強く変形もしにくいので、再利用が可能になっているんですね。

2.専任のスタッフがきてくれる

リターナブル方式の場合、基本的にメーカーの専任スタッフによる配送になりますので相談事や質問などがその場ですぐにできます。宅配便だと委託業者になりメーカーのスタッフではありませんので、何かある場合はわざわざコールセンターなどに問い合わせなければなりません。気軽に相談できる環境があるのは心強いですね。

3.定期メンテナンスがある

リターナブル方式のサーバーは定期的にメンテナンスのサービスがあります。価格は無料のところもあれば、月や年単位で払うところなどメーカーによってさまざま。セルフメンテナンスだけでは心配、という方には安心できますね。

4.価格が安い

ボトルを再利用することでコストを抑えられるので、ワンウェイ方式に比べ価格が安いです。お水の値段を気にする方は多いと思いますので、大きなメリットといえるでしょう。

5.不在時でも届けてくれる

リターナブル方式の場合は再配達がないため、不在時にはあらかじめ指定しておいた場所にボトルを置いておいてくれます。この時空ボトルを出しておけば、同時に回収もしてくれます。留守にすることが多く再配達を頼むのが面倒、という方にはぴったりですね。

リーターナブル方式のデメリット

1.空ボトルを保管しておかなければいけない

リターナブル方式は回収にきてくれるまでボトルを保管しておかなければいけません。これがなかなかスペースを取ります。サーバーを置く場所だけでなく、ボトルの保管場所も 契約前に確認しておく必要がありますね。

2.デザインがいまいち

リターナブル方式のサーバーはボトルが上部についた、従来タイプのデザインが多いです。ボトルが丸見えですし、あまり見栄えがいいとは言えません。インテリア合わせたい方には向かないかもしれませんね。

以上のことから、リターナブル方式はこんな方におすすめです!

  • エコに配慮したい方
  • 専任スタッフと直接話せる環境がいい方
  • しっかりメンテナンスをしてほしい方
  • 安さを重視したい方

まとめ

ワンウェイ、リターナブルのメリット・デメリットをご紹介しました。
結局どちらがいいのか、ということは一概には言えません。ライフスタイルは人それぞれ違うからです。
両者のメリット・デメリットをふまえたうえで、自分に合った配送方法を選びましょう!

-ウォーターサーバー
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.