人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

お水で味が変わる!コーヒーのためのお水選び

更新日:

自分でコーヒーを淹れるとき、お水は水道水しか使わないよ、という人は意外と多いようです。お気に入りのコーヒー豆を使うことは大事ですが、コーヒーに合うお水を選ぶのも大切だということを知っていただきたいです。ここでは、コーヒーのためのお水選びを紹介します。

この記事に書かれていること

・水道水でコーヒーを淹れるということ ・お水にも種類があります ・コーヒーに使うミネラルウォーターを毎回買う手間を省く方法

水道水でコーヒーを淹れるということ

何となく水道水を使っている、ミネラルウォーターを使うメリットがわからないなど、さまざまな理由で水道水をコーヒーに使っていると思います。日本は水道水をそのまま飲むことが出来る数少ない国です。水処理施設で作られた水自体はとても綺麗で申し分ないのですが、家庭によっては水道管が古くなりサビている場合があり、そういうケースでは水道水に鉄分が含まれることがあります。この鉄分がコーヒーに含まれるタンニンと結合することで味を損なう原因に繋がります。もちろん、水道水でコーヒーを飲むことは自由ですが、せっかくならおいしく飲みたくありませんか?

水には種類がある

水道水やミネラルウォーターといった水は、硬度の低い「軟水」と硬度の高い「硬水」の2種類に分けられます。硬度とは水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分の含有量を表しています。日本の水は軟水が多いですが、ヨーロッパなど欧米では硬水が主流となっています。

軟水

まろやかな口当たりでクセが少ないお水です。コーヒーを淹れる時に軟水を使うと、まろやかに酸味を引き出す働きがありますまた、軟水は炊飯する時や出汁をとる時に適しており、素材の旨味や香りを引き出してくれます。(逆に硬水は炊飯などには向いておらず、その代わりお肉を使った煮込み料理と相性が良いといわれています。)

硬水

硬度が高くミネラル分が多いため、クセがあります。喉越しがあまり良くなく、硬水は軟水に慣れている日本人にとって飲みにくいと言われます。コーヒーを淹れる時に硬水を用いると、コクを引き出すため苦味のあるコーヒーに仕上げることができます。日本人にとっては飲みにくいという短所はありますが、硬水には腸の動きを活発にしたり脂肪を燃やしたりするカルシウムが多く含まれているので、便秘の改善やダイエットのために飲む人も多く居ます。

番外編:RO水

馴染みの無い方が多いかもしれません。RO水とはRO膜処理をした水を指します。RO膜という超微細フィルターを通して細菌などの不純物を取り除くため、純水に限りなく近い水となります。そのため安心・安全な水とされ、赤ちゃん用の調乳用などに推奨されることがあります。しかし、RO水は不純物だけでなくミネラル分まで除去されてしまうので、天然水のような旨味はありません。(※ウォーターサーバーなどで提供されているRO水では、このデメリットを補うために、製造過程でミネラルを添加しているものもあります。) このような特徴を持つRO水ですが、非常にクリアな水であるため、コーヒーそのものの風味と香りを楽しむことができます。 このように、それぞれの水の特徴によってコーヒーの味は微妙に変わります。まろやかなコーヒーが好きな方は軟水を、苦味のあるコーヒーが好きな方は硬水を使うと良いでしょう。

コーヒーに使うミネラルウォーターを買う手間を省くには

コーヒーのために使う水ですが、無くなる度に買いに行くのは大変で荷物も重たくなります。「コーヒーに拘りは持ちたいけど頻繁に重たいお水を買わなきゃいけないのは面倒」という方におすすめなのがウォーターサーバーです。毎月電気代は掛かってしまいますが、連絡すればおいしいお水を自宅まで運んでくれるので、重たい水をわざわざ買いに行く手間がなくなります。ウォーターサーバーといえば冷たいお水のイメージが印象があるかもしれませんが、もちろん冷水だけでなく熱湯もすぐに使うことができるので、コーヒーやお茶をいつでも飲めるのが嬉しいポイントだと思います。

まとめ

このようにお水には軟水や硬水などがあり、それぞれに異なる特徴を持ちます。これらの特徴がコーヒーの味を変えるため、一概に水の良し悪しを決めることはできません。 まろやかな酸味を引き出したい場合は軟水を、コクがり、苦味が強いコーヒーにしたい場合は硬水をコーヒーそのものの風味と香りをとことん追求したい場合はミネラルがあまり添加されていないRO水を選ぶと良いでしょう。 この記事を参考に、是非とあなたの好みに適したお水を選んでください。

-水利用法
-, , , , , , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.