人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

ペットに飲ませるウォーターサーバーの水選びと注意点

更新日:

自宅で飼っている犬や猫に飲ませる水で悩むことはありませんか?世間的には「犬や猫の水は水道水で平気」といわれています。 しかし、水道水が高濃度の放射能で汚染されている、塩素や水銀が気になるなど不安が多く、家族と同じようにウォーターサーバーの水を、飼っている犬や猫に飲ませている方がいます。 本当にその水は大切なペットに飲ませても大丈夫ですか?ペットに飲ませても大丈夫なウォーターサーバーの水選びと注意点を、こちらで確認しておきましょう。

ペットに飲ませるウォーターサーバーの水選びとは

ウォーターサーバーで、どのような水であればペットに飲ませても安心といえるのでしょうか?選び方で気にすべきポイントは2つです。

ポイント1.「軟水」を選ぶ

水には「軟水」と「硬水」があります。ペット用のウォーターサーバーを選ぶ際には、注意が必要。 ミネラル・マグネシウム成分を多く含む硬水はペットの消化器系に負担をかけるだけでなく、尿路結石や下痢を引き起こし、健康に悪影響を与える可能性があるため、必ず「軟水」を選びましょう。 軟水を飲めるウォーターサーバーは多く出回っていますが、そのなかでも硬度の低いものを選ぶのをおすすめします。

ポイント2.ミネラル無添加の「RO水」が最も◎

家族もペットも、みんなで同じ水を飲みたいという場合には硬度が低く、ミネラル成分を一切含んでいない「RO水」がおすすめ。 ただしここで1点注意を。RO水は特殊フィルターを使用し、最近やウイルス、そしてミネラル成分までも取り除きます。ここで、水によっては特殊フィルターでろ過された後、人工的にミネラルを添加しています。 ですからRO水のなかでも、ミネラル成分無添加のものを選ぶようにしましょう。

硬水を飲ませていると尿路結石を引き起こす可能性があるため注意

犬や猫にウォーターサーバーの水を飲ませる際は、「軟水」「ミネラル無添加」を選ぶということはご理解いただけましたか? 硬水やミネラル成分たっぷりの水を飲ませていると尿路結石を起こす可能性が非常に高くなりますので注意してください。

ペットが引き起こす尿路結石とは

さきほどの紹介で、ミネラル・マグネシウム成分を多く含んでいる硬水をペットが飲んでいると、尿路結石を起こすといいました。実際に、飼っている犬や猫が尿路結石を起こしたという人が多いので、こちらで詳しく紹介します。

症状

尿路結石とは、尿管や尿道といった泌尿器に関わる病気であり、尿路に結石ができてしまう怖い病気です。犬や猫が起こす尿路結石の一般的な症状は下記のとおりとなります。 ・尿をする際に鳴く ・血尿 ・お腹がパンパンに膨れている ・抱きかかえようとすると拒絶する ・尿が日光にあたると、キラキラしている このような症状が見られると、尿路結石の疑いがあります。

予防策

尿路結石はミネラルやマグネシウム成分が体内に蓄積され、結石が生成される場合が多いと一般的にいわれています。予防策としては、 ・「軟水」「ミネラル無添加」の水を飲ませる ・普段から多めに水を飲む ・毎日散歩など適度な運動をおこなう です。日頃から水を多めに飲む、度に運動をして体内に不純物を溜めないといった考えは、人間も動物も同じといえます。

ウォーターサーバーの水をペットに飲ませる際は「ミネラル無添加の軟水」を

ペットに飲ませるウォーターサーバーの水選びと、注意点について紹介しましたがいかがでしたか? 再度となりますが、水を選ぶ際は「軟水」、そして「ミネラル無添加」のRO水にしてください。普段ペットに飲ませている水を見直し、いつまでも健康でいてもらうために、ウォーターサーバーの水選びをしましょう。

-水利用法
-, , , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.