人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

用途に合わせた正しい水の選び方

更新日:

私たちの体の約60%は、水分でできています。そのため、健康な体を維持するためには1日約2リットルの水分補給が必要だといわれています。このように大切な「水」ですが、身近なだけに意外と気にせずに飲んでいる人が多いようです。何気なく飲んでいる水にもっと関心をもって、健康に役立てるために、今回は正しい水の選び方について紹介します。

水の種類

水といってもその製法や含む成分によっていろいろな分類があります。正しい水選びのためにも、まずはその種類をご紹介しましょう。 ・ミネラルウォーター 地中のさまざまなミネラル分が融解した地下水で、ろ過や沈殿物の除去、加熱処理などを行って作られた水です。含まれるミネラルの成分や採取地などによりさまざまな種類が存在し、日本ミネラルウォーター協会によると、約1,000銘柄ものミネラルウォーターが現在流通しているそうです。 ・硬水と軟水 ミネラルウォーターを成分で分類するときに、「硬水」と「軟水」という分類を使います。硬水と軟水の基準は「硬度」の高さで、カルシウムやマグネシウム濃度が高いと硬水、低いと軟水、その中間が中硬水と分類されています。 ・アルカリイオン水 水にカルシウム化合物を添加し、電気分解をして作られる水です。人の体液は弱アルカリ性のためアルカリイオン水は体との相性がよく、イオン化されているために体内へ吸収されやすいのが特徴です。 ・酸素水 多量の酸素を溶かした水です。現代人に不足しがちといわれている酸素を水分とともに効率よく吸収できるのが特徴です。 ・海洋深層水 水深200m以下にある深海水です。深海水は細菌が少なく水質汚染がないうえ、人間の体のミネラルバランスと似ていて、ナトリウムやマグネシウムが含まれているのが特徴です。

水選びで注目すべきポイント

・ミネラル成分のバランス ミネラルは体内で合成することができないため、飲料や食物で摂取することが必要です。カルシウムやマグネシウムなど体内の活動に欠かせないミネラルを多く含む水を選びましょう。 ・酸素と炭酸ガス 天然の清流や地下水には酸素や炭酸ガスが多く含まれています。この酸素や炭酸ガスがミネラルウォーターの清涼感に大きく影響しています。 ・弱アルカリ性 人の体は弱アルカリ性に保たれていますが、肉や乳製品など動物性の食物を多くとると酸性になってしまいます。弱アルカリ性の水は吸収しやすく酸性の中和にも役立ちます。 このようなポイントを踏まえて体に優しい水の選び方を心がけてみてはいかがでしょうか。日本では味や安全性が重視されがちですが、ミネラルウォーターの先進国といわれているヨーロッパでは健康のための飲料水という考え方が根付いていると言われています。

用途に合わせた選び方

水は、そのまま飲むだけでなく、お茶やコーヒーをいれたり、料理に使ったりと、私たちは毎日いろいろな形で水を摂っています。水の種類によって飲み物や食べ物の味わいまで異なってきます。 ・飲料に使う水の選び方 お茶やコーヒーをいれるときは、硬度の低い軟水を使うほうがうま味や香りが引き立つといわれています。また、カルシウムが多い硬水でコーヒーをいれると苦みが抑えられまろやかな味に。マグネシウムが多い硬水を使うと苦みが引き立つといわれています。 ・料理に使う水の選び方 日本食には軟水が適しているといわれています。お米の味わいや、だしの豊かな風味をいかすには硬度の低い水が適しているといわれています。硬水を使うと水に含まれるミネラルがうま味のもととなるアミノ酸と結合してうま味と感じられなくなるためです。

おわりに

こちらでは、水の正しい選び方についてご紹介しました。ボトルウォーターを選ぶだけでなく、ティータイムや料理に使う水も見直してみてはいかがでしょうか。そのときどきに合った水を選んで、日々の体調管理や健康な食生活に役立てていただければと思います。

-水利用法
-, , , , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.