人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

毎日飲むなら!コーヒーの美味しさを左右する水選びを意識

更新日:

毎日飲むなら!コーヒーの美味しさを左右する水選びを意識 「朝起きて会社に出かける前に1杯」「仕事の休憩中に1杯」「食事のときに1杯」とコーヒーはさまざまなシーンで飲まれ、海外だけではなく、日本でもすっかりお馴染みの飲料とされています。コーヒーは、豆や淹れ方にこだわる人も多くいますが、水の高度に気を使うことで美味しさが変わることを知っていますか?そう、コーヒーを作るときに選ぶ水がコーヒーの美味しさを左右するのです。 今回は「コーヒーと水の硬度」の関係について紹介します。コーヒーをおいしく飲む方法を知りたいと思われている方は、下記を参考にコーヒー作りにチャレンジをしてみてください。

コーヒーの美味しさを左右するのは「水」

冒頭で説明したように、コーヒーを美味しくするには水選びが何よりも重要なのです。その理由は、コーヒーのおよそ99%が水だから。もちろんコーヒー豆や淹れ方も大切な要素の1つとなりますが、やはりコーヒーのほとんどが水であるため、水選びがいかに重要かはお分かりになるでしょう。

「硬水」と「軟水」

すでにご存知の方も多いかもしれないですが、水には「硬水」と「軟水」の2種類があり、水に含まれているカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分の含有量によって、硬水か軟水かに分けられるのです。ミネラル成分を数値化して、0〜60未満であれば軟水、60〜120未満は中硬水、120以上の場合は硬水といった具合になります。 日本は他の国と比べると、採水される天然水の硬度が低いため沖縄県など一部地域外では「軟水」が主流。

コーヒーと合う水について

天然水には硬度があり、硬水か軟水に分けられるということが分かりました。では、硬水と軟水のどちらが美味しいコーヒー作りに適しているのでしょうか?まず、硬水について。硬水の特徴は、水を口に入れたときに固くて少し重い感じがあります。また、ミネラル成分を多く含んでいるため、コーヒー成分が水に反応しやすく苦味が出ます。そのため、コーヒーで苦味を出したい場合には硬水を使うことをオススメ。 そして軟水はミネラル成分の含有量が多くないため、コーヒー成分に影響を与えることが少なく、コーヒーそのものがもつ味を楽しめます。このように、コーヒーの仕上がりは水の種類によって大きく変わるため、自身の好みにあったコーヒーが見つかるよう、色んなお水で作ってみてはいかがでしょうか?

水道水でコーヒーを作るときにも、こんな工夫で美味しくできる

コーヒーを美味しくするためには水選びが大切だと分かりましたが、1番身近な水である水道水を使ってコーヒーを作るときにはどうすればいいのでしょうか?

工夫1. 沸騰でカルキを飛ばす

水道水には殺菌消毒のために塩素が含まれており、「カルキ臭」と呼ばれる独特の匂いがあります。最近ではカルキ臭がかなり抑えられていますが、やはり匂いが気になる人も多くいるでしょう。そのような場合の工夫として、水道水を1度沸騰させることをオススメします。沸騰させることにより、カルキ臭を軽減させコーヒーの風味にも影響を与えなくなるのです。沸騰させた水は、殺菌効果のある塩素が抜けることにより長期間の保存ができなくなるため、早めに消費するよう覚えておきましょう。

工夫2. 新鮮な水を使う

水道水は厳しい検査にもクリアし、高品質で安全とされていますが、汲み置きしたもの・朝1番に蛇口から出る水道水は変質している可能性があるため使わないのが無難。水道水を使う際には、しばらく水を出して新鮮な水でコーヒーを作りましょう。このようにちょっとした工夫をするだけでも、天然水でなくともコーヒーをいつもより美味しく楽しめるのです。

まとめ

コーヒーを美味しくするためには、水の硬度を気にしてみようといった内容を紹介してきました。コーヒーでは、豆選びや淹れ方ばかりに気をとられがちですが、水の高度にも意識をむけてみましょう。コーヒーは99%以上が水であるため、仕上がりが大きく変わってきますよ。今回の内容を参考に、コーヒー作りをしてみてください。

-水利用法
-,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.