人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

お米とお水の関係性!美味しく炊くために適した水の条件って?

更新日:

お米とお水の関係性!美味しく炊くために適した水の条件って? 日本人の主食と言えば、なんといってもお米。最近では、好んでパンや麺類を主食として食べる人もいますが、日本人の代表的な諸職であることは明らかです。お米を炊くときのお水に少し気を使うだけで、より美味しいお米が炊けると言われていますが、実践されていますか?今回は炊飯に適したお水選びについて説明します。せっかくお米を炊くのであれば、さらに美味しく仕上げましょう。

米とお水の関わりについて

お米を炊くには必ず水が必要で、当然水を使いますが、日頃あまり気にせず水道水で炊いていませんか?もちろん日本の水道水は世界的に見てもトップクラスの安全性と言われているだけあって、上質で大きな問題はありません。 しかし、冒頭から説明をしているようにお米を炊くときにお水選びはとても重要になります。お米を研ぐ前の状態は、保存をするために乾燥した状態となっています。そのため、水と当たるとお米が水分を勢い良く吸収しようとします。(イメージは、喉がカラカラの状態で水があればゴクゴク飲む感じ) 炊飯前にお米を研ぐ時点では、お米が水分を吸い始めており、炊飯をすると炊飯ジャーに入れた水は、ほとんどお米が吸収するのです。ここがポイント!お米が水を吸収するときには、水の匂いや風味まで吸収します。そのため、水の匂いや風味が良くないと、お水を吸収した米の味が悪くなってしまいます。このように、美味しいお米を炊き上げるためには、水選びも重要となります。

美味しいお米を炊くのに適した水の条件とは?

前述で、お米が水の匂いや風味まで吸収することはおわかりになったと思います。では、美味しくお米を炊くのに適した水とは、どのような水をいうのでしょうか?いくつかの条件があるため、おさえておきましょう。

条件1. 硬度は軟水で

水には軟水・硬水という硬度があります。硬度とは水の中にミネラル成分(カルシウム・マグネシウム)の含有量を表しているもので、軟水の場合は0~60mg/L、中硬水だと61~120mg/L、硬水だとであれば121~180、超硬水になると180mg/L以上というように、含有量によって分類が変わってきます。 日本で採水のほとんどが軟水のため、日ごろから私たちの口に馴染みがあるのは軟水となります。そのため、外国に多く見られる中硬水や硬水を飲むとお腹を壊したり、飲みにくいと違和感があります。 また、炊飯にミネラル成分が多く含まれている硬水を使うと、カルシウムがお米に含まれている成分と結合されパサパサします。パエリアやチャーハンなどに硬水は向いていますが、お米本来の味を引き出し美味しく食べるのであれば、軟水が相性抜群です。

条件2. 水の種類

美味しくお米を炊く条件として、水の種類も重要。水道水を使うか、ミネラルウォーターを使うかだけでも仕上がりに大きな差が出ます。とくに水道水は、日ごろから一番身近な水として利用している人も多くいますが、カルキ臭が気になってしまう人もいるかと思います。最近では水道水から発生するカルキ臭はかなり抑えられていますが、消毒のために使われている塩素(カルキ)の臭いが苦手と言う人は多くいます。 お米は味や臭いが移りやすいため、水道水を使う場合には1度沸騰をさせて「カルキ抜き」を試してみると良いかもしれません。ただし、カルキ抜きをした場合はいつもより雑菌などが増殖しやすいため、注意が必要。

炊飯に失敗したときの対処法【番外編】

いくら良いお水を使ったとしても、炊くときに水を入れすぎてしまったり、足りなかった場合には仕上がりが悪くなってしまいます。みなさんも1度は経験ありますよね?そんな場合には下記のような対処法を試してみてはいかがでしょうか? 水を入れ過ぎて、ベチャベチャになった場合 お水を入れ過ぎてお米がベチャベチャになってしまった場合には、電子レンジで少し加熱すると水分を飛びます。 水が足らず、固めに仕上がった場合 水が足りず固めに炊きあがってしまった場合は、料理酒などを少し加えることで柔らかくすることが可能です。その他にも、チャーハンなどにするのも1つの対処法です。

まとめ

炊飯に適した水の条件について説明をしてきました。いかがでしたか?お米は匂いや味を吸収しやすいため、水選びがとても重要です。より美味しくお米を炊くために、軟水のお水で炊飯を試してみましょう。

-水利用法
-,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.