人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

貯水槽を利用した水道施設は安全なのか

更新日:

貯水槽とは読んで字のごとく、水を貯めておく設備です。マンションやビルの屋上に併設されている光景をよく見かけますね。そんな貯水槽は様々な用途で使われますが、はたしてそこで蓄えられている水は安全といえるのでしょうか。

貯水槽の種類

まず、貯水槽には様々な種類や用途があります。

受水槽

受水槽は併設されている建物が生活するために必要な分の水道水を貯めておくための施設になっています。設置するためには「メンテナンスをしやすくするために壁面、天井面、床面より60cm以上の空間を空ける必要がある」、「オーバーフロー管(水かさが上がって溢れるのを防ぐために、外に水を流すパイプ)には防虫網を取り付け、汚水の逆流や昆虫、臭気が侵入しないためにも排水口に直接接続する」などの条件がいくつかあります。 受水槽の管理は建物の管理者に責任があり、定期的なメンテナンスや点検、清掃などを行う際は管理者が説明や時間の調整を行うまた、受水槽の老朽化や壊れたときは管理者が交換や修理をしなければいけません。 運用するときは、後述の高置水槽と圧力水槽を合わせて設置する場合と、小型圧力タンク式給水ユニットの圧力で給水を行う場合があります。

高置水槽

高置水槽は文字通り高い場所に設置するタイプの貯水槽です。病院やビルなどの屋上によく設置されています。長所としては一定の量の水を貯めておけるので、断水や急な使用量の増加にも対応できることです。 反面、水質が悪化しやすいので管理を徹底しなければならないところが短所になります。

圧力水槽

高置水槽の次に設置されることの多いのが、「圧力水槽」です。貯水槽にたまっている水を空気圧と供給ポンプを利用することで供水するです。年に1回の自主検査をしなければならず、義務ではありませんが可能ならば清掃することが望ましいとされています。受水槽と合わせて使用されることの多い設備です。

貯水槽の危険性

様々な種類がある貯水槽ですが、メンテナンスをしっかり行わなければ水質が悪化しやすい点は同じです。特に飲水用にも使っている貯水槽は管理を徹底しなければいけません。水質が悪化すると発ガン性物質の「トリハロメタン」が発生する可能性があり、その水を飲んでしまうと肝障害や腎障害を起こしてしまうこともあります。 そのほかにも、貯水槽の中がサビていたために貯水槽の中の水が「赤水」になってしまったり、雨水や虫が混入してしまったり、雑菌が繁殖してしまったりと注意するべきポイントが多くあり、管理者は日頃から入念なメンテナンスを心掛けなければいけません。

貯水槽の安全性

現在、東京都水道局では都内全域の貯水槽水道に対して調査を実施しました。一部の受水タンクを除いて問題ないとして、定期的な点検と清掃を呼びかけました。こういった活動によって以前よりも貯水槽の安全性は向上していえるといえます。 しかし、一部の貯水槽では停電や地震が起こった際に使用できなくなる場合があるので、管理者はもちろん、利用者も急な断水が起こった際に対応できるようにしましょう。

おわりに

貯水槽の管理は基本的には建物の管理者が行うものなので、自分の住んでいるところに貯水槽がある場合は一度どういった管理を行っているのか聞いてみましょう。定期的な清掃と点検さえ行っていれば、貯水槽の水は安全です。

-安全性
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.