人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

水道水にノロウイルスの影響はあるのか

更新日:

非常に強い感染能力をもち、毎年猛威を振るっている厄介なウイルスのひとつである「ノロウイルス」。そんなノロウイルスが実は水道水を媒介にして人々に感染している可能性があると言われています。 いったいどういうことなのでしょうか。

そもそもノロウイルスって?

ノロウイルスは数あるウイルスの中でも厄介な特性をいくつも持っていることで有名です。まず、感染力の強さが非常に強いことが挙げられます。基本的には感染者の吐瀉物や便を介しての感染が一番多いのですが、注意をしていても「空気感染」あるいは「塵埃感染」といった経路でも感染する恐れがあるとされています。空気感染と塵埃感染は、吐瀉物などの飛沫が空気中に飛散した病原体を吸い込んでしまい、感染してしまうことを指します。 さらに、感染源が特定しにくいことも厄介なポイントになっています。牡蠣などの魚介類が一次感染源で、それを食べた人が感染、発症したことによって二次感染源になるというのが一番考えられているケースです。この場合は牡蠣を生食するのは控え、85℃~90℃で90秒以上で加熱し、ウイルスを失活してから摂取するようにしなければいけません。ノロウイルスは熱に極めて脆弱なため、十分な予防が期待できます。

ノロウイルスの症状

ノロウイルスに感染した際の主な症状は嘔吐・下痢・発熱で、早ければ1~2日ほどで回復することもありますが、あくまで症状が出る期間であり、その後2~3日は家で安静にしておいたほうが懸命です。というのも、症状が改善したと言っても、ウイルスが体内に残っているため、外に撒き散らしてしまう可能性があるからです。幼児や老人などの免疫力が低い人が感染した場合はもっと長引く場合があり、吐瀉物を喉に詰まらせることによる窒息、誤嚥性肺炎による死亡転帰などの死亡例もいくつかあります。個人差はありますが、症状としては嘔吐・下痢が特にひどくでます。

水道水からの感染

実は、一次感染は牡蠣などの魚介類からの感染以外にも考えられています。それは、「水道水からの感染」です。水道局が浄水処理や塩素消毒、生物活性炭処理など一通りの処理を行った場合はほとんど検出されないのですが、井戸水などを利用していると感染源になることもあります。ノロウイルスは熱に対しては弱いのですが、寒さに対しては逆にかなり強く、温度の低い環境下にいればいるほど、より長期間の活動が可能になります。そのため、下水処理場で除去しきれなかったウイルスは、冬の冷たい河川や海に出れば以前よりも活発になり、貝類や魚介類に感染して、また人間に感染するようになります。冬場に井戸水や河川の水を利用する際は特に注意しなければいけません。

ノロウイルスの対策

厄介極まりないノロウイルスですが予防をしっかりしていれば一次感染や集団感染を防ぐことができます。

基本は手洗い

ノロウイルスの予防の基本は手洗いです。外から帰ってきたとき、調理の前、食事の前と普段よりも気を使うことで予防できます。液体石鹸などで流水でしっかり洗いましょう。

魚介類の生食をしない

冬場に魚介類の生食をしないようにするだけでも一次感染の可能性はかなり低下します。生食を避け、表面だけを洗ったり、加熱したりするだけでは完璧には殺菌できないので、中心部分までしっかりと85℃~90℃以上で90秒以上加熱をするようにしましょう。また、調理器具を予め殺菌・消毒をしておき、調理後もしっかりと行うことでかなり予防効果が期待できます。

二次感染を防ぐ

感染した人の嘔吐物や便を処理するときは二次感染を防ぐためにもしっかり行わなければいけません。空気感染や塵埃感染を防ぐために、ゴム手袋やマスクを装着します。嘔吐物や便が乾燥してしまう前に塩素系漂白剤を薄めたものをつけたタオルや布で拭き取ります。 処理に使った道具も廃棄し、しっかりと手洗い、うがいをすることで二次感染の被害を低くすることができます

おわりに

水道水から直接的にノロウイルスに感染した、という報告や報道は今のところありません。記事内では井戸水などを使用している場合においては、可能性としてあると挙げさせていただきましたが、驚くべきことに最近の研究結果で、今後も水道水からノロウイルスに感染しない、とは言えない事態となっています。 東京大学、国立感染症研究所の研究者が作成したリポートによると、ここ最近で耐塩素性を示す病原性微生物が確認されています。これを受け、研究機関では水道水の安全性に対する警鐘を鳴らしていますが、水道局側もこれを受けて改善の動きを見せると思います。ここでひとつ言えることは、普段の生活の安全を研究者や公共サービス提供者に任せるのではなく、自衛するための知識や手段を持っておくことが大事です。ノロウイルスについては予防方法が示されていますので、まずはそれらを実践してみることが大切なのではないでしょうか。

-安全性
-,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.