人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

知らないと危険な浄水器

更新日:

みなさんは浄水器の「逆汚染」という言葉をご存知でしょうか。
浄水器が雑菌に汚染される危険があるというもので、ネットや週刊誌でも話題になったことがあります。浄水器は水道水に含まれる殺菌作用の高い塩素も除去してしまうため、浄水された水をそのまま放置しておくと、雑菌に汚染されてしまう危険があります。
浄水器を使ってきれいな水を飲んでいるつもりが、実は危険にさらされていたのでは意味がありません。今回は、本当に浄水器は危険なのかを考えてみましょう。

水道水は危険?

日本の水道水は世界的な基準から見ても、とてもきれいで安全な水といわれています。
では、なぜ浄水器で浄水する必要があるのでしょうか。 水道水は、浄水場で塩素により殺菌され私たちの家庭まで配給されています。この殺菌に使われる塩素が、水道水に含まれる有害物質と反応して微量のトリハロメタンという発がん性物質に変化します。
この微量のトリハロメタンを取り除くためには、浄水器を設置する必要があります。
また、各家庭に水道水を引き込む給水管が古く鉛製の場合は、微量の鉛が水に溶け込む場合があります。
そのほかにも、マンションのどの貯水槽の管理が行き届いていない場合など不純物が混入する危険もあります。このような場合も、浄水器により不純物を取り除くことが必要です。

浄水器は本当に危険?

このように、わずかですが水道水に含まれる不純物や有害物質を取り除いて、より安全な水を口にするためには、浄水器が必要になります。
しかし、浄水器が水をきれいにしていく過程で、さまざまな不純物を取り除くとともに殺菌のために浄水場で入れられた塩素も取り除かれてしまいます。
つまり、浄水器が危険ということではなく、浄水器で浄化された水が、雑菌に対して無防備で危険ということになります。人にとってやさしい水は、雑菌たちにとっても居心地の良い住みかになるということです。

正しい使い方で危険を減らす

浄水器を正しく使うことで、雑菌の危険から守り清潔で安全な水を飲むことができます。その具体的な方法をまとめてみました。

「捨て水」で蛇口を清潔に
浄水器の蛇口にたまっている残り水に雑菌が繁殖する危険があります。そのため、毎朝使い始める前に10~15秒ほど浄水を流してから使うようにします。2日以上使わない場合は60秒ほど流したほうがよいでしょう。

浄水器での温水は35度以下で
浄水器の中にある活性炭は温水を通すと、吸着したカビ臭などを放出してしまうことがあります。そのため、温水の使用は35度以下がよいとされています。

浄水は早めに使う
浄水器を通した水は塩素が含まれていないため、殺菌効果がなく雑菌が繁殖する危険があります。そのため、浄水器で作った飲み物などは、冷蔵庫に保管して早めに飲むように心がけましょう。

常に清潔に保つ
浄水器を清潔に保つために、こまめな掃除を心がけましょう。また、フィルターは使用期限を守って定期的に交換することが大切です。

浄水器選びの危険

最後に浄水器選びの危険にも触れておきましょう。一般的な浄水器はホームセンターや家電量販店の店頭などで数千円から数万円程度で購入できます。
しかしこの浄水器は、消費生活センターや国民生活センターに悪徳商法による相談が寄せられケースが多い製品でもあります。一部の危険な訪問販売業者を避けて、正しい浄水器選びを心がけましょう。

-安全性
-, ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.