安全性

安心・安全第一!「放射能」の心配がないウォーターサーバーを選ぶポイント

更新日:

これからウォーターサーバーを導入しようかと検討している人にとって、「ウォーターサーバーの水って本当に安全なお水なの?」「放射能問題は大丈夫?」というのは、気になるところでしょう。人間のカラダにとっても水は欠かせないものであり、これからも毎日飲むため、こちらでウォーターサーバーの安全性についてしっかりと確認をしておきましょう。  

ウォーターサーバーが当たり前となりだしたのは、2011年に発生した震災がきっかけ

ひと昔前までは、ウォーターサーバーを置かれていること自体が珍しかったはず。しかし近年では当たり前のように、多くの家庭でウォーターサーバーが導入されるようになりました。どうして「急激にウォーターサーバーを導入する家庭が増えてきたか」を調べると、2011年に発生した東日本大震災であることが見えてきました。 この大地震が発生した後に津波によって、福島第一原発がダメージを受け放射能が漏れだしてしまったことで、とくに東日本に住まれている方の水に対する恐怖は一気に高まったと言えそうです。実際に、地震発生後にはどのウォーターサーバー会社にも注文が殺到。メーカーはサーバーの製造や水の製造でフル活動状態でした。

「放射能」の心配がないウォーターサーバーの水ってどんな?

とくに妊娠中のままや、赤ちゃん育てている家庭では放射能に対する不安を大きく抱えていると聞きます。ウォーターサーバーメーカーや、利用者の口コミなどでもウォーターサーバーは安心・安全と言われていますが、こちらではさらに安心を得られるよう、放射能の心配がないウォーターサーバーの水に関してまとめました。参考の1つとしてください。

放射能に関する検査結果を報告しているメーカーの水を選ぶ

各メーカーが取り扱っているお水はどれも検査を行っています。しかし、メーカー独自で検査をしているところもあれば、第三者機関に検査依頼を出しているところなど様々。独自の見解とはなりますが、どちらかと言えば第三者機関で水質検査を行い、PDFや画像で詳細を報告しているメーカーの方が信頼できる報告と言えそうです。

採水地にこだわって選ぶ

東日本大震災後は野菜がよく売れたという話があります。これは水も同じで、ウォーターサーバーの西日本を採水地としているメーカーへの注文が、とくに東日本在住の方から入りました。 また、日本国外(ハワイ)を採水地としているところのウォーターサーバーを導入するといった家庭も多くありました。ハワイを採水地とした「ハワイウォーター」は周辺に、原子力発電所・他の汚染物質もなく「安心」できると言われています。このように安心できるウォーターサーバーの水を選ぶには、採水地にもこだわることが重要です。

製法にこだわって選ぶ

さらに安全な水ということであれば、天然水ではなくRO水を選ぶのがオススメ。RO水はRO膜といった特殊フィルター(逆浸透膜)を使って「ろ過」をするわけですが、そのレベルは一般的な浄水器とは質が違います。一般的な浄水器の場合、1ミクロンの活性炭フィルターや0.01ミクロンの中空糸膜を使用しています。これでは塩素やカルキを取り除くことができても、O-157やダイオキシン・放射性ヨウ素・セシウムなどは取り除くことは不可能。 しかしRO膜の場合、0.0001ミクロンの細かさでろ過をするため、中空糸膜では取り逃していた放射性ヨウ素やセシウムなどもしっかりキャッチ、水から放射性物質を取り除くことができます。飲み心地や味よりも、安全第一の水を選びたいといった場合には、RO製法のお水がオススメと言えます。

まとめ

ここまででの内容は参考となりましたでしょうか?「放射能」の心配がないウォーターサーバーを選ぶポイントについて紹介してきました。第三者機関に検査依頼をして結果報告をしっかり行っているメーカー、放射能汚染の心配がない産地のあるメーカー、RO水を取り扱っているメーカーを検討材料として、安心・安全と思えるお水を選び飲むようにしましょう。

-安全性
-, , , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.