安全性

ウォーターサーバーの「放射能問題」は大丈夫?考えてみた

更新日:

2011年に発生した震災で起きた「福島原子力発電所事故」による影響が、今でも食品中に含まれる「放射性物質」として心配されており、生鮮食品だけでなく、水に含まれる「放射線量」の不安を抱く人が増えています。 大地震以後は安心して水を飲みたいと、ウォーターサーバーを導入される方が多くなりましたが、本当にウォーターサーバーの水だからと安心できるのでしょうか?ここでは、ウォーターサーバーと放射能の関係について見ていきましょう。

そのお水、放射能問題はクリアしている?

冒頭でも説明があったように、2011年に発生した東日本大震災以後は放射能問題について不安が高まっています。現在あなたが飲まれている水は本当に大丈夫ですか?これから購入しようとしているお水は安心できるのでしょうか?

メーカーは、徹底した「放射性物質検査」の実施を求められている

毎日「飲むお水」は安全・安心なものを選ぶ必要があるでしょう。ウイルスや細菌だけでなく、ここ数年で大きな問題となっている「放射線量」をしっかりチェックしなければなりません。何度も言うように2011年に起きた大震災以後は、原発事故の影響もあり、農作物・加工食品にいたるまで、さまざまな食品が「放射性物質検査」を受けることとなりました。 これはお水に関しても同様で、毎日安心して飲めるよう、ウォーターサーバーを提供する会社は、徹底した「放射性物質検査」の実施を求められているのが現実です。

一部では「放射能物質」が検出されたなんてことも!

「放射性物質検査」の徹底を求められているとはいえ、一部のミネラルウォーターや水道水から、一定量以上の放射性物質が検出されたというケースがあります。 安心できて体にも良いと思って飲んでいたミネラルウォーターが、放射能物質で汚染されていたなんてたまったものじゃないですよね?そのため、毎日カラダに入れるお水は、必ず「専門機関」の検査を受け基準をクリアしたものを選ぶようにしましょう。

とくに安全性が高い、ピュアウォーターがおすすめ

安全性の高いお水を選ぶのであれば、ピュアウォーターがおすすめです。 ピュアウォーターは、RO膜という分子レベルの超微細特殊フィルターでお水をろ過していきます。そのため、微生物やミネラル、雑菌・ウイルスなども除去されています。カラダに害を及ぼすウイルスなどはもちろん、赤ちゃんでも飲めるカラダに負担の少ない安心できる水として、多くの家庭で愛飲されています。

第三者機関による厳しい「放射性物質検査」を毎月実施

そんなピュアウォーターですが、安心・安全と言える裏付けがもう1つ。ピュアウォーターの製造過程では、第三者機関により、毎月厳しい「放射性物質検査」が実施されているのです。実際にピュアウォーターを取り扱うメーカーのほとんどでは、公式サイトで「放射線量の検査結果」が公表されており、「安全な水」であることが自身の目で確認できます。 またピュアウォーターではこれまでの検査を通じて、放射能物質が一度も検出されていません。毎日安心してお水を飲むためにも、「放射線量検査」を定期的に行っているかどうかもチェックしておきましょう。

まとめ

ここまでの内容で触れてきたようにピュアウォーターであれば、第三者機関による「放射性物質検査」を受けているため、より安心して毎日水を飲むことができると言えます。 合わせて毎月、放射線測定の結果を公表していることもあり、信頼性が高い「安全な水」が飲めると言えるのではないでしょうか?毎日飲むお水だからこそ、出来る限り安全なものを選ぶようにしましょう。

-安全性
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.