人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

赤ちゃんに飲ませるミルクに水道水を使う懸念って何?

更新日:

赤ちゃんに飲ませるミルクを作る際、「水道水を使って大丈夫なのかな?」と水質について心配されるママさんも少なくないと思います。実際に水道水の水質についてネット等で調べてみると、危険を煽っているサイトもあれば、安全に使用できると明記しているサイトもあり様々。 こちらでは、「実際のところ水道水は安心できるのか?」また、「水道水を赤ちゃんに飲ませても大丈夫なのか?」といったところについて紹介します。

日本の水道水は「世界でもトップクラス」の安全性を誇っている

冒頭でもあるように、結局のところ水道水は安心できるの?できないの?どっちなの?と言いたくなるでしょう。しかしここで間違いなく言えることは、日本の水道水は世界でもトップクラスの安全性誇っているということ。その裏付けとして水質検査は厳しい基準・体制をとっている、放射能物質に関しても定期的に検査を行い、水道局で公表しています。 水道水の残留水素により発生する、発ガン性があると言われるトリハロメタンに関しても、われわれのカラダに問題が起きないレベルの濃度に抑えられているとされています。そして水道水に含まれているトリハロメタンは、沸騰させることで取り除けるとされているため、さらに安全性があると言えるでしょう。

赤ちゃんに水道水を飲ませることへの懸念が・・。

水道水は間違いなく安心・安全であることがわかったとはいえ、赤ちゃんへ水道水を飲ませることには不安があるといった声がネットなどで見ていても相次いでいます。では、具体的にどのような懸念があるのかを下記で見ていきましょう。

懸念1. 「放射能物質による影響はないのか?」

「原発事故による放射能の影響」が心配と、多くの人が不安を抱いているのが事実。先ほども説明したように、水道水は放射能の検査を定期的に行っており、公式サイトでも公表しています。とはいえ、原発事故が発生した付近に住まれる方、東北地方にお住いのご家庭では、いくら公式で公表されていても放射能による影響に懸念があるということが独自の調べでわかりました。

懸念2. 「貯水タンクの衛生面は大丈夫?」

続いて、マンションなどにお住まいの方で、敷地内に設置されている貯水タンクから水を供給しているご家庭の方が抱く懸念です。メディアなどで、マンションの貯水タンクはビックリするほど恐ろしく汚いと取り上げられたこともあり、「貯水タンクは汚い」ということが、世間での常識となってしまいました。いくら安心・安全ができる水道水だとは言っても、貯水タンクが汚く、清潔に保たれていなければ自身はもちろん、赤ちゃんに飲ませられないといった声も、懸念として多くみられました。

子育て中のママからはこんな声も!

赤ちゃんミルクに水道水を使うことへの不安点は主に上記の2つ。ここで、実際に赤ちゃんを育てているママさんが言う「水道水で赤ちゃんミルクを使うデメリット」についてまとめたので下記に紹介します。

赤ちゃんミルクに水道水をオススメしない1番の理由は、大切な時間消費

水道水で赤ちゃんミルクを作るためには、トリハロメタンを除去してカルキを抜くために沸騰させる必要があります。沸騰と言っても5分程度で止めてしまうと、逆にトリハロメタンが増加するため、沸騰し続けなければいけません。時間はおよそ10程度、さらに赤ちゃんが飲める温度まで作ったミルクを冷ませる必要があるため、ここでも時間が必要。 生後間もない赤ちゃんは1日に10回近くのミルクが必要なため、ミルクの用意だけでも、1回ミルクを作るのに15分かかると考え、15分×10回=150分(2.5時間)と1日に2.5時間要します。これが1カ月と考えると75時間必要です。 それだけの時間があれば赤ちゃんへさらに愛情を注ぐことができます。放射能問題もありますが、大切な時間が浪費されるといったところも、赤ちゃんミルクに水道水を使うことをオススメできない理由です。

結論、ウォーターサーバーを利用すれば生活が快適になる

ウォーターサーバーが出はじめた昔と違い、今ではボタン1つで簡単にお湯が出せる機種が増えてきました。もちろん冷水も出せるためミルク作りが楽ちんとなります。またウォーターサーバーを提供しているメーカーのお水は、各会社が水質チェックを厳重に行い販売しているため、かなり安心できると言えます。 毎日飲まれているお水に不安や疑問を感じている方は、1度ウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか?

-安全性
-,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.