人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

赤ちゃんにとって安心できるお水って?いますぐチェック

更新日:

日本の水は水道水、売られている水、どれをとっても世界的に見ると「安心して飲むことができる」と言われています。事実として、水道水をそのまま飲むことができる国というのは日本を含め、わずかに限られていると言えるでしょう。 しかし、「赤ちゃんにとって安心なお水」となると話は少し変わってくるでしょう。どういうことかと言うと、生まれて間もない赤ちゃんの場合、免疫力・菌に対する抵抗力が乏しいと言えます。そのため、大人が安心して飲めるからといって、赤ちゃんのカラダにとっても安全であるとは限らないのです。それに加え、2011年におきた原発事故以降、放射能汚染による水への影響も心配になるところ。 赤ちゃんに飲ませてあげられる本当に安心できるお水とは、どのような水をいうのでしょうか?ここでは赤ちゃんに飲ませる、安心できるお水について紹介します。現在飲まれているお水に対して不安がある方は、こちらで解消しておきましょう。

赤ちゃんにとって安心なお水はコレ!チェックしてみて

冒頭でも説明したように、赤ちゃんにとって本当に安心と言える水を飲ませてあげたいものです。ここでは、赤ちゃんに安心できる水について紹介します。いくつかのチェック項目がありますので、今すぐ確認をしてみましょう。

チェック1. その水は「軟水」「硬水」どちらですか?

すでにご存じの方もいるかもしれませんが、私たちが飲んでいる水には硬水、軟水といった種類があります。この種類の基準は、水1,000ml中に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分量(硬度)で決まるわけですが、一般的には下記のように分けられます。
硬度 ミネラル成分所有量
軟水 0~100mg/l
中硬水 101~300mg/l
硬水 301mg/l以上
硬水はミネラル成分の主成分でもある、カルシウムやマグネシウムが多いため、新陳代謝を高めてくれる働きがあります。とくにダイエット中に飲むと効果的、適していると言われています。 しかし、一見ミネラルを多く含む硬水を選ぶほうがカラダに良さそうですが、妊娠中の方や臓器が発達していない赤ちゃんにとっては、ミネラル成分が負担となります。硬水で赤ちゃんミルクを作って飲ませていたら、ミネラルの過剰摂取で赤ちゃんが体調を崩してしまったというのはよくある話です。ミネラル成分が多く含まれる分だけ、体内で消化・吸収するために負担がかかるため、軟水を選ぶことをオススメします。 赤ちゃんが飲むお水は、硬度60mg/l以下の軟水が理想と一般的に言われています。

pH(ペーハー)はいくつですか?

先ほど説明をした硬度の他に、水素イオン濃度を示す値であるpH値といったものがあります。このpH値は一般的には以下のようになります。
pH値
0~7 酸性
7付近 中性
7~14 アルカリ性
人間が口にするお水(水道水やミネラルウォーター)はほとんどが、pH値5~8.5の範囲内で中性に近いものと言われています。上記の数値をさらに細かくすると、pH値5.5~6.9の範囲を弱酸性、pH値7.1~8.5の範囲を弱アルカリ性となります 弱酸性水は殺菌効果があり洗顔や手洗いなどにはとても効果的ですが、赤ちゃんが飲む水としてはオススメできません。一方、アルカリ性の水は、われわれの血液に近い水のため、赤ちゃんのカラダで考えた場合にも無理なく吸収することができます。このようなところから、赤ちゃんに飲ませるお水はできるだけ、pH値7.1~8.5の弱アルカリ性水を選ぶことをおすすめします。

まとめ

赤ちゃんが安心して飲めるお水について紹介してきました。冒頭でも説明をしてきたように、日本の水は水道水・売られているお水、どれを見ても安心できると言われています。一部で、放射能による影響が懸念されていますが安心できると言えそうです。 それは、日本の水道水は世界的に見てもトップクラスの安全性があると言われ、平成26年時点で51項目の基準値が設けられ、かなり厳しい水質検査が行われているから。放射性物質に関しても、各水道局やウォーターサーバー会社が定期的に検査をして結果を公式サイトで公表しています。より安全を考えるのであれば、硬度・pH値の見直してみましょう。

-安全性
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.