人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

雨水が飲み水になるまで

更新日:

雨水が飲み水になるまで

浄水器で水を飲む、ミネラルウォーターを購入する。ウォーターサーバーで天然水を飲むなど、水を飲むことにお金をかけることが当たり前になった現在でも日本の水道水は安全で安心して飲むことができます。
当たり前のように水道水が飲めるからこそ、日本は世界に比べて水に対する関心が低いと言われています。水道水が飲める水になるまで、さまざまな工程を経ています。わたし達が当たり前のように飲んでいる水道水は、もともとは雨水なのです。その雨水が、飲水になるまでの過程を説明します。

日本で使われているお水のあれこれ

飲み水・炊事・風呂・洗濯・トイレなどに使用するため、私たちが生活していく上で、水は必要不可欠な存在です。このように家庭やお店、オフィスなどで使用する水のことを生活用水といいますが、工場などで使用する水のことは工場用水といい、農作物を育てるための水のことを農業用水といいます。
生活用水・工場用水・農業用水など、日本で使用されている全ての水は空から降った雨や雪が源となっています。降水量の総量を体積で表すと、年間で約6,400億㎥となり、琵琶湖の水の体積で約275億㎥の24倍ほどの量と言われています。

数字だけでは、数が大きすぎて想像することも難しいですが、膨大な水があるということがわかります。
しかし、そのうちの約2,300億㎥は蒸発により使うことができず、残りの4,100億㎥は理論上ではわたし達が使用できる水ですが、日本の地形は急な場所が多く河川が短い上に、梅雨期や台風期に雨が集中して降るため、ほとんどの水は使われることなく海に流れるなどしています。
そのため私たちが使用できる水は、約6,400億㎥のうち約809億㎥で、降水量の総量の約10%しかないのです。

私達が使う水、どうやって確保されてるの?

私たちが毎日使用する水の源は、もともとは雨水なのです。
海や陸の水が蒸発して雨雲を作ることで雨が降ります。そして降った雨は川になったり、地下水になったりして海へと戻っていき、雨雲を作り雨が降るということを繰り返しています。私たちは主に川から水を利用しており、上流・中流・下流の流域全体で川の水を分けあいながら生活用水・工場用水・農業用水として利用しています

水道水で安全な水が飲める理由

川の水をわけあってわたし達は水を利用していますが、川の水には人体に有害な物質やウイルス、大腸菌などが含まれています。その水をどのようにして安全で安心な水にするために、ダム・取水場・浄水場・配水場などを造り、さまざまな取り組みを行っているのです。

  • ダム:水を貯めておく施設です。大雨の時は洪水を防ぎ、渇水の時はいつでも水を使えるように水量の調節などを行っています。
  • 取水場:川やダムなどの水を取り入れ、浄水場へ送る施設です。
  • 浄水場:取水した原水を、浄水処理を行い安全な飲み水をつくる施設です。
  • 配水場:浄水場で安全な飲み水となった水道水を、一旦貯めておく施設です。

川の水をわたし達がそのまま口にすることが出来るようになるまでにはこのような経路をたどり、最終的に安全な水道水へとなるのです

使用した水は、きれいな水に変えて再び川へ

わたし達が使用した水は、再び川に戻り、その後海へと流れていきます。しかしここで気になるのが、使用して川に戻る水は汚い水なのではないかということ。
わたし達が使用した水をそのまま戻すことによって、川や海で生活している生き物が生きていくことができなくなったり、わたし達の健康にも影響したりします。そうならないために、使用した水を川に戻す前に、下水処理施設できれいな水にしてから川に戻しているのです。

おわりに

わたし達が生きていく上で、水は必要不可欠な存在です。蛇口をひねれば、当たり前のように飲める水が出てきますが、源となっている雨水の総降水量の約10%しか飲めるに水にならないのです。
日本人は他の国に比べて、水への関心が低いと言われています。当たり前のようにそのまま飲める水道水ですが、大切に利用するようにしましょう。

-水知識
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.