人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

水を飲み過ぎると危険?

更新日:

「水を飲み過ぎると危険」という話を聞いたことがあるでしょうか。それは正しくもあり、間違ってもいます。
水そのものは生きていく上で欠かせないものです。人間の体の70%近くが水分であることを考えると、水をたくさん飲むこと自体にはなんの問題もありません。ただし、飲み方によっては健康を害する場合もあるため注意が必要です。
今回は、水の飲みすぎが危険と言われる理由と、健康に良い水の飲み方をご紹介します。

水の急な飲みすぎによる冷えと塩分バランスの崩れが体調を悪化させる

水の飲みすぎが危険と言われるのは、飲み方によっては水が健康を害する場合もあるためです。
まず、体の冷え過ぎは体調を悪化させます。冷たい水を一気にたくさん飲むと、胃腸を中心に消化器官を冷やしてしまいます。
喉や胃腸には温度を感じる機能がないため、飲んでいるときはすっきりして気持ちがいいと思うだけで、体を冷やしている自覚は持ちにくいものです。
が、胃腸を冷やすことで消化器官が弱ってしまい、食事の消化吸収機能が低下します。結果としてお腹を壊したり体力が落ちたりしてしまいます。

また、体内の塩分バランスが崩れてしまうことも問題です。低ナトリウム血症、通称水中毒と呼ばれる症状があります。塩分はなにかと悪者にされやすいものですが、実は水分と同じくらい生きていく上で重要なものです。
減塩の食生活をしている人やたくさん汗をかいて塩分が不足している状態の人が一度に大量の水を飲むと、体内の塩分バランスを崩してしまいます。
具体的には、血液中のナトリウム濃度が急激に薄まることで、立ちくらみやめまいなどの症状が発症します。肝硬変や心不全などの持病のある方はとくに悪化しやすく、昏睡や錯乱などの危険な状態に陥ることもあるため十分に注意が必要です。
しかし、これらはすべて「冷たい水を一気に大量に飲んだ場合」の問題です。同じ量を飲むにしても、飲み方に気をつければ水が健康を害することはありません。
また、水を飲むとむくみやすくなってしまう人がいますが、これは水分ではなく塩分のとりすぎが主な原因です。体内の塩分濃度を下げるために、体が水分を溜め込んでしまっている状態です。むくみやすい方は飲む水の量だけではなく、塩分を控えてみましょう。

水は少量ずつこまめに摂取すれば良い

1日の摂取量の目安は、1〜1.5リットルです。日常生活での目安摂取量は、コップ1杯の水を5杯程度とされています。朝起きた時に1杯、日中に3〜4杯、寝る前に1杯程度で十分です。
スポーツの世界では、これまで長きにわたり「喉が渇く前に飲む」ことが常識とされてきました。ところが、その常識に科学的な根拠がなかったことと、先に述べた急激な過剰摂取が問題視されるようになり、現在では「喉の渇きを感じたら、体が欲してきたときに飲む」という考え方に変わりつつあります。
一度に大量に飲むことでさまざまな不調が出やすくなるため、少しずつ喉を潤すように飲みましょう。コップ一杯の水でも口に含みながら、こまめに飲みます。

また、食事と一緒にゴクゴクと流しこむように飲むことはやめましょう。胃腸を冷やし、胃液を薄めて消化器官を弱らせてしまいます。
そして、日常生活のなかでは、塩分はむしろ摂り過ぎになっているものですが、夏の猛暑時や激しい運動をして大量に発汗したときには、意識して塩分も摂りましょう。熱中症予防にもなります。
加えて、キンキンに冷えた水は体を芯から冷やしてしまいます。少し冷たいくらいの水を飲みましょう。水道水が目安で構いません。

おわりに

水は私達の身体を健康に保つために欠かせないものであるため、水の飲み過ぎが危険と言い切ってしまうのは勿体無いことです。
ただし、飲み方次第で身体に負担をかけてしまうことも事実です。しかしそれも、日常のなかのちょっとした意識で簡単に避けられることばかりです。水を飲む行為そのものを恐れず、美味しいお水を健康的に飲みましょう。

-健康
-

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.