人気のウォーターサーバーを口コミと特徴から徹底比較!

ウォーターサーバー研究所

美活女性が急増!ミネラルウォーターの活用法

更新日:

近年、美容意識を高くもつ人が増えています。美容活動(美活)で注目されているミネラルウォーターの活用法についていくつか紹介します。

活用法1.そのまま飲用

ミネラルウォーターで美活をする際、定番となるのがそのまま飲むという方法。せっかく水を購入するわけですから、効果的な飲み方をおさえてキレイを目指しましょう。

「軟水」を選び過剰摂取はしない

ミネラルウォーターは美活に最適な飲み物ですが、ただ飲めばいいわけではありません。ミネラルウォーターには硬水と軟水があり、飲む場合にはできるだけ軟水を選びましょう。 硬水は軟水と比べると、カルシウムやミネラルが多く含まれています。これらの成分は体に良いですが、過剰摂取をすると胃腸に大きな負荷がかかり、免疫力の低下・肌荒れの原因となります。 肌をキレイにするには、胃に負担をかけず活発に働かせること。ミネラルウォーターを美活として飲む際には、軟水を選び過剰摂取に注意するのがポイントです。

活用法2.ミネラルウォーター洗顔

普段何気なく使っているファンデーションやシャドウといった化粧品には、さまざまな成分が配合され、肌に大きな負担を与えています。 また化粧品が毛穴をふさぐことにより、肌が呼吸をできず劣化します。そんなときに、ミネラルウォーターを使って洗顔をすると、肌に休息効果を与え、キレイになるといわれています。  

ミネラル成分が少ないものを選ぶ

飲むときと同じで、ミネラルウォーターは硬水ではなく軟水を選ぶのが好ましいです。ミネラル成分は確かにお肌に良い成分ですが、過剰摂取はNG。ミネラル成分が多く含まれていると、肌へ刺激を与えるため、ニキビや肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。  

優しく洗い流す

洗い流すときの力加減もかなり重要。手で顔をゴシゴシしながら洗い流す人が多いですが、これは肌にかなり大きな負担を与えています。ミネラルウォーターで美活をするなら、優しく洗い流すようにしましょう。

化粧水として使うときは、優しくパッティング

洗い流すときと同様、力まかせにパッティングするのではなく、優しく肌をトントンするようにパッティングしてください。 また、コットンにミネラルウォーターを含ませる際には、たっぷりと使うのがポイントです。

活用法3.料理につかう

最近では料理に使う水にもこだわる人が増えてきました。ミネラルウォーターをうまく活用するとご飯がおいしくなると話題にもなっています。 おいしいご飯を食べると心が豊かになり、結果的に体からストレスが抜けて美容に良いです。最後に紹介するミネラルウォーターの活用法として、いくつかコツを紹介します。

お米を炊くなら「軟水」がおすすめ

お米を炊く際には硬水ではなく軟水を選ぶのがポイント。軟水でお米を研ぎ、炊きあげると、お米がふっくらと仕上がり粘り気が出ておいしくなります。

和食料理をする際には「軟水」を

和食料理全般には軟水がおすすめ。昆布などの出汁とりはもちろん、野菜を使ったスープ料理にも非常に適しているのです。軟水を使うと、野菜へ水分が浸透しやすくおいしく仕上がります。

お肉のアク抜きなどには「硬水」が◎

たとえば肉のアク抜きをしたい、煮くずれさせたくないといった場合には硬水を使用しましょう。硬水を使うとカルシウム成分が食物繊維を硬くすいるため、肉のアクが出やすくなります。アク抜きがしっかりできると、よりおいしく仕上がるので、お試しください。

紹介したミネラルウォーター活用法を参考に美活をしよう

ミネラルウォーターの活用法をいくつか紹介してきました。これからミネラルウォーターを使って美活をしたい、すでに美活をしているという方。参考となりましたでしょうか? ミネラルウォーターには「軟水」と「硬水」があり、活用方法によってどちらの水を使うかが大きなポイント。紹介してきた活用方法を参考にキレイを目指しましょう。

-美容
-, , ,

Copyright© ウォーターサーバー研究所 , 2017 AllRights Reserved.